おしゃれメッセの開会前夜祭がしいのき迎賓館で行われました

e0018428_2263092.jpg

今日はおしゃれメッセの開会前夜祭が
しいのき迎賓館で行われました。

今年の目玉はしいのき迎賓館の裏のガラス面を利用した
プロジェクションマッピングです。

今晩の7時30分の一般公開に先立ち
前夜祭にに参加の方々でプレで
見せていただきました。

東京駅でもあまりの人の多さに
投影中止になったほどの人気の
プロジェクションマッピングが
金沢でも見られるというのでわくわくします。

友禅柄や扇面に金箔が流れ落ちる様子や
ガラスの枠を金沢の簾虫籠(すもすこ)格子に見立てて
芸妓の影が見える演出などなかなか面白く
新しい金沢はじまるという金沢市の新しい
キャッチフレーズそのものと思いました。

もう一つの目玉はおしゃれメッセの大使が
壇さんからはなちゃんに代わったことです。

帰り際に写真を一緒に撮っていただきました。
元モデルということで足もスラってしていて
もっと小柄なのかという印象でしたが
僕ぐらいの背の高さでした。

お話もとても素直で可愛らしい方でした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-10-11 22:06  

片町・ラブロ再開発事業の成功を祈念してお練りが行われます

e0018428_21293254.jpg
10月13日の片町ホコ天では
来春に行われる片町・ラブロ再開発事業の成功を
祈念してお練りが行われます。
西芸妓と片町商店街の人々の他に
片町地区の管轄の第一消防団の方々にも
一緒にもらう予定です。

第一消防団の方々には金沢消防団の
特技の梯子上りもして頂きます。

百万石行列の時も人気の梯子上りは
梯子の上で色々なポーズをとり演技をします。

お練りの前には西の芸妓による踊りも
行われます。

お練りは片町ホコ天のラブロ前のメインステージから
香林坊のアトリオまでゆっくり歩きます。

是非見に来てください。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-10-09 21:31  

おしゃれメッセ2013が10月11日~20日におこなわれます

e0018428_2259580.jpg

金沢の街中では10月に
もう一つのイベントがあります。

おしゃれメッセ2013です。
10月11日~20日まで
金沢21世紀美術館、しいのき迎賓館で
行われます。

当店も毎年参加している
「100人×100品展」が行われます。
金沢の市民の方が金沢市内の店を廻り
その店の一押しの品の中から
自分の好みを選びます。

100人の人が選んだ中から
多数だった品物100点が
21世紀美術館のギャラリーBに並べられます。

今年のおしゃれメッセの目玉は
しいのき迎賓館のガラスの面で
映し出されるプロジェクションマッピングです。

しいのき迎賓館がどんなふうに映し出されるか
とても楽しみです。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-10-04 23:00  

金沢の街中で10月には5タウンズフェスタが行われます

e0018428_22254270.jpg

金沢の街中は10月になると
イヘントがいっぱいです。

まず10月1日~20まで開催されている
広坂のおんぼらーとかふぇです。
広坂商店街のカフェでオリジナルメニューを出したり、
土日にはオープンカフェも登場します。

香林坊では中央公園とアトリオ広場で
金沢スィーツフェアが10月12日~14日
が開催されます。

タテマチでは10月12日には
ギネス世界記録チャレンジや
13日には奥能登産直ブランドふれあいマーケットが
翌週の20日にはワイン金沢が開催されます。

柿木畠では10月20日には金沢下町カレー博
が行われます。

片町では10月13日には片町ホコ天が行われます。

色々楽しみな5タウンズフェスタです。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-10-03 22:27  

情報誌LINK10月号に当店も載りました

e0018428_21553045.jpg

10月になりいよいよ消費税も上がることが決まりましたが
金沢の街中の情報誌LINK10月号に
当店も載りました。

片町特集ということで片町にあるお店が
色々と載っています。

当店は九谷焼のボールペンや名刺ケース、
ゴルフマーカーに角型蓋物、焼酎グラスなど
今人気のザ・クタニといわれるような
デザインの品物を並べています。

九谷焼幅広く赤絵細描から染付、
青粒、白粒、金襴手などから
九谷本来の色絵まで
色々な技術の品物があります。

今回紹介した九谷焼らしいものが
最近はリバイバルのように人気で
よく熟れています。

3000円以上お買上のお客様が
LINKについている半券を見せると
ぐい呑をプレゼントするという企画が
期間限定で行われています。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-10-02 22:36  

「山近泰作陶展 九谷アニマル'S」を10月11日~20日まで開催します

e0018428_19475094.jpg

当店の2階ギャラリー片町では10月11日~20日まで
「山近泰(やすし)作陶展 九谷アニマル'S」を開催します。

山近泰先生といえば写真のように象の絵が有名です。
伝統工芸展にも象の絵を出していて
グリーンやピンクの色が特徴的です。

いつも近くの辰口にあるいしかわ動物園で
写生をしているので象のほかの
色々な動物が生き生きと描けるのでしょう。

九谷焼の若手のポープで人気もあります。

動物園にでも遊びに来るつもりで
山近泰さんのアニマル達を見に来てください。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-10-01 19:48  

11月23日に金沢の街中でディズニーのツリーがお目見えします

e0018428_1241927.jpg

土曜日の北國新聞に載ってましたが、
この冬に金沢の街中でディズニーのツリーがお目見えします。

11月23日~12月25日まで
香林坊アトリオ、香林坊ラモーダ、しいのき迎賓館、
近江町市場に異なるキャラクターのツリーが設置されます。

香林坊アトリオには高さ約6mのメインツリーが置かれ
時間がごとに音楽が流れる仕掛けになるそうです。

そのほかの3会場には3mのツリーが置かれます。

4っつのツリーを巡るスタンプラリーも開催されて
抽選で東京ディズニーリゾートへの旅行が
3組6名様に当たるそうです。

百万石まつりの時に金沢城でパレードが行われ
すごい人がお城へ詰め掛けたようですから
このツリーを見に来られるお客様でさぞかし多いと思います。

11月23日の点等式がとても楽しみです。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-09-30 13:23  

石川県立美術館で「俵屋宗達と琳派」を見てきました

e0018428_21312126.jpg
今日は石川県立美術館で行われている
「俵屋宗達と琳派」を見てきました。

この展示会は金沢宗達会創立100年記念として
企画されました。

俵屋宗達が金沢に来られたということがわかった為
金沢宗達会が作られて百年も経ったというのです。

入口には宗達と琳派のアーチが取り付けられていました。

展示場に入ると三枚並んだ水墨画に見入ってしまいました。
蓮池水禽図です。
少しづつ水鳥と蓮の構図が違うのですが
とても素晴らしい掛け軸です。

宗達の絵は金箔の上に描かれているという印象ですが
水墨画もとても良く、技術の確かさがわかります。

次の部屋にはかわいい犬や牛、虎のがなども水墨画もありました。

前田家に呼ばれた宗達の後継者の宗雪の絵もありました。

次の部屋の奥には風神雷神が飾られていましたが
なんか違うなと思ったら光琳の描いたものでした。
似ているようで間の取り方が違っています。

光琳も宗達の名品を模倣したようです。

宗達と光琳そして琳派はつながっていると
強く感じた一枚でした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-09-25 21:31  

茶道資料館で少庵四百年忌記念「千 少庵」を見てきました

e0018428_1913875.jpg

相国寺のあと茶道資料館で
少庵四百年忌記念「千 少庵」を見てきました。

千利休が秀吉に切腹を命じられて亡くなった後、
前田利家らのとりなしで千家再興を図る時に
直系の千道安ではなく、連れ子だった
千小庵を跡継ぎとします。

大変な時代を生きた千家二代目です。

展示会では一階に利休との関係をしめす。
手紙などが軸になったものが飾られていました。

青井戸茶碗や茶入などが並べられていて、
小ぶりのものが多い印象です。

二階には息子の宗旦との関係を示すものの
展示となっていました。

見終わった後、立礼の手前のお茶を頂きました。

隣には袴姿の男性が姿勢を正しくお茶を頂いていて
こちらの背筋もピンと伸ばしながら頂きました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-09-19 19:14  

相国寺承天閣美術館で「伊藤若冲の名品展」を見てきました

e0018428_2334096.jpg

今日は京都の相国寺承天閣美術館で
「伊藤若冲の名品展」を見てきました。

福島では「若冲が来てくれました
プライスコレクション」が評判が高く、
京都でも若冲で見れるということで
行ってきました。

相国寺は金閣寺も銀閣寺も塔頭の一つという名刹で
境内もとても立派でした。
金堂の脇を抜けて行くと承天閣美術館がありました。

第一会場には土佐光起の牡丹図などがありました。

奥の第二会場にお待ちかねの伊藤若冲の展示です。

若冲といえば極彩色という印象でしたが
禅寺ということなのか墨一色で書かれたものが
多かったです。

金閣寺の襖に描かれた障壁画や
若冲の代名詞といわれる鶏の屏風など
とても良かったです。
そのほか丸い胴の鶴や虎の図などとても
見応えがありました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-09-18 23:05  

ラブロノスタルジービアガーデンの営業が終了しました

e0018428_19345039.jpg

昨日片町商店街で営業していた
ラブロノスタルジービアガーデンの
営業が終了しました。

片町再開発事業のために来年の春には
営業を終えるラブロ片町で
最後の夏にビアガーデンをして
さよならラブロをしようと営業を始めて
約2ケ月、真夏の暑い日もありました。
突然の雨で途中でクローズとなった日もありました。

そして一昨日はジャズストリートのコンサートも
行われて、ついに昨日は営業最終日でした。

小間井理事長の感謝の挨拶の後
金澤百万石武将隊で摩阿姫をやっている
AYAさんの歌が始まりました。

皆様の暖かい気持ちで最終日を終えました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-09-17 19:35  

ラブロノスタルジィビアガーデンでジャズストリートが行われました

e0018428_22405850.jpg

今日もジャズストリートが行われましたが
あいにくの雨で広場で行われる予定の
コンサートが屋根のある会場に移されました。

それでもラブロ片町の屋上の
ノスタルジィビアガーデンの
コンサートは雨の降る中行われました。

少ないけど熱心なお客様がビールを飲みながら
楽しんでいる中山野金沢市長も来られて
雨の中のジャズを楽しみました。

明日の最終日はもう少しいい天気で
素晴らしい音楽を聴きたいと思いました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-09-15 22:43  

金沢ジャズストリートがはじまりました

e0018428_22295184.jpg

今日から金沢の街中では
金沢ジャズストリートがはじまりました。

金沢市文化ホールで行われた開会式と
スペシャルコンサートの
カウント・ベイシー・オーケストラ
に行ってきました。

ジャズの王道という感じです。
オーケストラといってもジャズには
指揮者がいないのでコンサートマスターが
はじまりだけ合図をするということがわかりました。

中ほどからスペシャルゲストとして
ケイコ・リーがボーカルを務めました。

ジャズオーケストラを堪能した後、
店に戻って隣のプレーゴで行われている
まちかど・ジャズライブに行ってきました。
金澤編曲堂のコンサートです。

こちらもこちらでとても良いコンサートでした。

9月16日まで金沢市内の各所で
コンサートやライブが行われます。

金沢の街中がジャズの音色で覆われます。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-09-14 22:30  

金沢のライオンズクラブの合同例会が行われました

e0018428_23305935.jpg
今日は金沢のライオンズクラブの
合同例会が金沢エクセル東急ホテルで
行われました。

毎年地区ガバナーをお迎えして
4っのライオンズクラブが合同で
例会を行っています。
昨年からはこの日は夜間例会になっています。

山野金沢市長も来賓として参加されていて、
昨日と引き続いてなので挨拶しました。

金沢中央ライオンズからは辻さんが
ゾーンチェアパーソンとして挨拶をされました。

例会の後懇親会も合同で行われました。

テールツイスターの出し物もあり
とても盛り上がった合同例会でした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-09-13 23:31  

「片町スクランブル☆ナイト」

今日は片町商店街の映像配信
「片町スクランブル☆ナイト」
の第三回が行われました。

はじまってしばらくすると
山野市長が突然入ってこられました。

小間井理事長が山野市長と一緒の会で
飲んでいて、スクランブル☆ナイトの
話をしたら見たいというので来られたそうです。

山野市長にも出演して頂いたあと
私の担当の金沢弁講座がはじまりました。

子供の時から使っているのにいざ金沢弁と
いわれるとイントネーションも意味も
ちょっと微妙ですね。

それでもアナウンサーの加藤さんと三浦さんに
助けられながら無事金沢弁講座を終えました。

片町のママのコーナーや片町の眼鏡店の
三人の店の方の眼鏡談義に夜の片町の
三軒の店を巡るコーナーもあり
なかなか楽しい番組になりました

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
e0018428_2358767.jpg

[PR]

# by moroeya | 2013-09-12 23:58  

金沢ケーブルテレビのライブ番組「まちスタ530」に出演させていただきました

e0018428_21543361.jpg

今日は金沢ケーブルテレビのライブ番組「まちスタ530」
に出演させていただきました。

番組の中の「イキイキまちなか商店街」のコーナーで
創業150年の老舗の九谷焼店として
紹介して頂きました。

当店で開発した音のなるグラス「なりハリグラス」や
金沢九谷の組合で企画して金工の若手作家とコラボーレーション
で作ったアクセサリーを何点か持って行って
お話をさせていただきました。

それと創業150年を記念して作った
アイホン、アッパッドのアプリ
「諸江屋図鑑」をミニパットを使って
紹介させていただきました。

そして金沢中心商店街まちづくり協議会の
会長として香林坊、片町、タテマチ、柿木畠、広坂の
各商店街がそれぞれの個性を磨き、
イベントとしては共同で行っていっている
ことをお話しさせて頂きました。

生放送の番組なのでとても緊張しました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-09-11 22:14  

金沢九谷振興組合の勉強会が行われました

e0018428_2222784.jpg

今日は金沢九谷振興組合の勉強会が行われました。

前回に引き続き猫の作家長島伸夫さんが
講師に来て頂きました。

金沢九谷のメンバーには実際に
小品を作ってきていただきました。
長島先生がその作品を見て
スケッチブックに絵を描いたりして
直していきました。

金沢九谷のメンバーで
新たに招き猫でない九谷焼の猫の置物を
作って行きたいと思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-09-08 22:21  

山種美術館で「速水御舟ー日本美術院の精鋭たちー」を見てきました

e0018428_22293575.jpg

先日山種美術館で再興院展100年記念の
「速水御舟ー日本美術院の精鋭たちー」
を見てきました。

山種美術館はまだ日本橋にあった時
一度行ったことがあります。
地下へ降りると猿の絵が印象的でした。

新しく広尾に移つてから初めてです。

入口を入ると長い階段があり地下へ降りて
会場に入ると墨牡丹が掛かっていました。
すごく良くてしばらく見とれてしまいました。

御舟は花の絵が秀逸です。

そのほか再興院展100年ということもあり
横山大観や安田靫彦、前田青邨などの絵も掛かっていました。

その中で大観の富士はホント素晴らしいと思いました。

第二会場には蝶が炎の中を乱舞している絵がありました。

とても素晴らしいと思いました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-09-06 22:31  

「涼をもとめてー畠山即翁の朝茶事ー」を畠山記念館で見てきました

e0018428_22212724.jpg

先日東京の白金台にある畠山記念館で
「涼をもとめてー畠山即翁の朝茶事ー」
を見てきました。

今年は暑い夏なので涼を求めて
出かけたくなった畠山記念館は
森のような庭の中にありました。

実際に畠山即翁が行った朝茶事の会記をもとに
使われた道具が展示されていました。

畠山即翁は石川県の能登の
国主の畠山氏を祖にもち
荏原製作所の創業者です。
茶人としても知られ色々な品を蒐集しました。

それを集めたのが畠山記念館です。

能登の出身の方が作った美術館ということで
一度行ってみたいと思っていた念願がかないました。

九谷焼はなかったのですがなかなか素晴らしい
蒐集品です。

良い環境の中心静かに楽しめました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-09-05 23:05  

菊池寛実記念智美術館で菊池ビエンナーレを見てきました

e0018428_228312.jpg

先日東京の虎ノ門の菊池寛実記念智美術館で
菊池ビエンナーレを見てきました。

菊池ビエンナーレは二年に一回行われる
公募展でどの会派の枠にもとらわれない為
現代の陶芸の最先端が見ることができます。

大賞は美崎光邦さんの彩釉泥器「悠」、
優秀賞は久保田厚子さんの青白磁秋草大皿と
五味謙二さんの彩土器が選ばれました。

色絵の方が少ないのが残念ですが
九谷焼では中田雅巳が「SEN」で入選しました。

形もシンプルで洗練されていて、
しかも高い技術力があるものが選ばれていました。

新鮮でとても楽しい展示会でした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-09-02 22:37  

20年ぶりの同窓会が金沢の料亭「つば甚」でありました

e0018428_22551329.jpg
昨日20年ぶりの同窓会が金沢の料亭
「つば甚」でありました。

1993年の青年会議所の理事同窓会です。

小杉理事長を中心に20名以上が参加しました。
事務局員だった大久保さんと久保田さんも
参加して頂きました。

20年ぶりということで姿は変わっていましたが
中身はみんな変わっていないようでした。

お酒が入ると昔にかえって話していました。

少したつと老舗料亭のつば甚での宴ということで
西の茶屋の芸妓による踊がはじまりました。

20年の時の流れを感じさせないような会でした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-09-01 22:55  

小学生イラスト原画九谷焼絵皿展~カラフルのりもの九谷やき~を見てきました

e0018428_21222556.jpg

先日加賀市大聖寺の九谷焼美術館で
小学生イラスト原画九谷焼絵皿展
~カラフルのりもの九谷やき~を見てきました。

今年で10回目になる夏休みの名物催事で
小学生が描いたイラストの内優秀作を実際に
九谷焼の作家が大皿に描いて展示しています。

今年のテーマはのりもので気球や北前船など
カラフルに描かれています。

子供達の感性がとても面白く思えました。

お皿の絵の部分はイラストの通り子供達が
描いたように描いていますが
お皿の渕など作家の個性が垣間見れます。

皿の裏にはイラストを描いた子供達の名前とタイトルと
実際に皿に描いた作家の名前が書かれています。

展示会が終わるとお皿は子供達へプレゼントされるようで
子供たちにとっては宝物になると思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-08-30 22:08  

中村記念美術館で行われている「近世の美術」を見てきました

e0018428_21591796.jpg

昨日中村記念美術館で行われている
「近世の美術」を見てきました。

館蔵品の展示会なので
何回か見たものが多かったのですが
良いものは何回見ても飽きません。

中村記念美術館が誇る古九谷のお皿や水指
も出展されていました。

美術館の入口に小さな立札が立てられていました。

それには緑の小径と書かれています。
鈴木大拙記念館へ続く小径です。

中村記念美術館のお茶室の裏から
緑の小径を歩いてみると
北陸放送の裏にある松風閣の庭のを通ってすごく近道です。

兼六園から石川県立美術館の裏の
美術の小径の急坂を下りて中村記念美術館を通って
鈴木大拙記念館まで道がつながって
楽しみがセットになったことが素晴らしいと思いました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-08-29 22:13  

金沢アカペラ・タウン2013が行われました

e0018428_22283644.jpg
先日の土日に金沢の街中で
金沢アカペラ・タウン2013
が行われました。

香林坊アトリオや香林坊109
ラブロ片町の会場などで
アカペラの声が鳴り響きました。

人間の声が楽器のように
こんなに色々な音を出せるのは
素晴らしいと思いました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-08-27 22:28  

柿木畠では水掛神輿祭りが行われました

e0018428_22175169.jpg
昨日当店の近くの柿木畠では
水掛神輿祭りが行われました。

石浦神社を出発した神輿は金沢の街中を
巡って最後に柿木畠の広場戻ります。

途中の片町のラブロ前の交差点を横断して
タテマチへ抜けるところを見ました。

気温も暑い日で水を掛けられても気持ちいい
日になったと思います。

街中にすがすがしい風が吹いたような
水掛神輿祭りになりました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-08-26 22:18  

長谷川等伯展~大徳寺と等伯を中心に~を見てきました

e0018428_21524535.jpg
今日は能登の七尾で行われている
長谷川等伯展~大徳寺と等伯を中心に~
を見てきました。

お盆休みに来られてたお客様が
長谷川等伯展を見てよかったですよ
といわれたので見に行きました。

七尾は長谷川等伯の生誕地の為
七尾美術館では何回か等伯展を行っています。

平成17年には国宝中の国宝といわれる
松林図屏風が来ていて
それを見に行ったことを思い出します。

今回は等伯が狩野派と争い名声を獲得していった
といわれる当時大徳寺の塔頭の一つ三玄院の
住職が留守中に描いたといわれる円徳院の山水図襖や
商山四皓図襖や高士騎驢図屏風など素晴らしい
絵が並んでいます。

国宝の松林図屏風も小さいサイズに複製した
ものも展示されていて遠目で見ると実物のようでした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-08-21 21:53  

史跡「九谷磁器窯跡」発掘調査現地説明会のリーフレットを頂きました

e0018428_2244797.jpg

加賀市の教育委員会から郵便が送られてきました。

史跡「九谷磁器窯跡」発掘調査現地説明会
のリーフレットです。

加賀市の山中温泉から車で一時間ぐらい
白山に向かっていくと今では
九谷ダムでできた湖の畔に
古九谷窯跡があります。

何年か前に古九谷の色絵絵付窯から色絵磁器片が
出てきました。

古九谷は謎の焼物といわれています。
それは古九谷が焼かれた痕跡が
石川県側になかったためです。

近年ようやく色絵磁器片が絵付窯跡から出てきて
古九谷が400年前に加賀の九谷村で焼かれたことの
証拠が出てきました。

その絵付窯跡を最初で最後の一般公開するという
リーフレットです。

8月31日午前10時~10時30分と
11時~11時30分の二回行われてる予定です。

古九谷の歴史を垣間見れる日になると思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-08-20 22:40  

金沢アカペラ・タウン2013が8月23日~25日に行われます

e0018428_1945566.jpg

最近の金沢では公共の音楽イベントが目立ちます。
5月の連休に行われるラ・フォル・ジュルネ金沢、
9月のシルバーウィークに行われる金沢ジャズストリート
そして今月8月23日(金)~25(日)に行われる
アカペラ・タウン金沢2013です。

アカペラ・タウン金沢は楽器を使わず
人間の口や手で音を出して音楽を奏でます。
皆でハモったりしてなかなかいい感じです。

8月23日には赤羽ホールでワークショップとコンサートが、
24日10時にはアトリオ広場で開会式が行われ
その後24日、25日には市内各所のストリートステージで
ライブが行われます。
そしてファイナルステージはしいのき迎賓館で行われます。

詳しくはアカペラ・タウン金沢2013のホームーページ

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-08-18 19:05  

雑誌「陶工房」に当店が載りました

e0018428_19474456.jpg

今日、雑誌「陶工房」を頂きました。

リニューアルになった一回目の特集の
名陶地探索は九谷焼です。

「九谷絢爛」として九谷焼を代表する
二人の作家人間国宝の吉田美統さんと
武腰潤さんを取り上げています。

この陶工房という雑誌はどちらかというと
焼物を作る方向けという感じで、
吉田美統さんの釉裏銀彩の技法や
武腰潤さんの色絵の心が書かれています。

その次のページには金沢の老舗で
「九谷」に出会う「九谷の彩り」というコーナーで
当店が紹介されています。
故三代徳田八十吉先生の釉彩の壷、
中田一於さんの釉裏銀彩の瓢瓶
福島武山さんの赤絵龍鳳凰の大皿も
当店の二階で写真を撮っていかれたものが出ていました。

そのほか陶芸を目指す方への技などが
丁寧にかかれいてます。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-08-17 19:48  

第2回金沢・世界工芸トリエンナーレを金沢21世紀美術館で見てきました

e0018428_16571734.jpg
先日金沢21世紀美術館で行われている
第2回金沢・世界工芸トリエンナーレ
「工芸におけるリージョナルなもの」
を見てきました。

リージョナルなもの=地域性が良く出ているもの
を集めたという意味の展示会で
アメリカ、オーストラリア、台湾、日本の
キューレーターがそれぞれの国の
作家の作品を集めています。

一階のギャラリーAと地下のBで
展示されています。

大きな竹で編んだ籠や布がケースに
長く展示されたりしていて
面白い見せ方だなと思いました。

地下のギャラリーBの奥には
大樋長左衛門さんの茶碗が
一つ一つケースに入って展示されていました。

素材が同じものでも地域によって作品は違ってくる
地域の独自文化性があるのだなと感じました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

# by moroeya | 2013-08-15 16:57