<   2012年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

ゴジラ松井が2ランホームランを打ちました

e0018428_2130538.jpg

石川県出身で星稜高校の後輩でもある
ゴジラ松井が2ランホームランを打ちました。

アメリカにわたってヤンキースで活躍して
エンゼルス、アスレチックスと移ってきた
松井秀喜ですが今年はなかなか移籍先が決まらず
開幕した後レイズの3Aに所属していましたが
ようやく今日レイズに上がりました。

背番号は慣れ親しんだ55から35に
変わっていました。

そしてメジャーに舞台に再びたったその日に
ホームランを打つというのはなんという
実力かもしくは強運を持っていると思いました。

メジャーは実力社会ですから打てなければ
消えていくのは当たり前ですが
その重要な場面で打つことができたのは
とても素晴らしいことだと思いました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-05-30 21:31  

山代温泉でレデイガガならぬレディカガに会いました

e0018428_17565287.jpg

先日山代温泉に行った時レディカガに会いました。

ちょうどレディガガ来日している時で、
ディズニーランドに行ったりと何かと話題の多い
本物のレディガガではなく、
加賀温泉の山代温泉、山中温泉、片山津温泉
粟津温泉の4っの温泉郷が協力して
お客様に来ていただこうということで
加賀温泉卿の女将さん達をもじってレディカガとして
キャンペーンで売り出しているのです。

山代温泉の中にある亀寿司に行ったら
レディカガの話になり私もレディカガですと
女将さんが出てきました。

アイドルグループのように会員番号があるらしく
亀寿司の女将さんは3番だということでした。

レディガガはインドネシアでの公演が
中止になったらしいのですが、
こちらのレディカガ№3は店の仕事のほかに
レディカガのキャンペーンの
仕事も増えてお忙しそうでしたが一緒に
店の前で写真を撮ってもらいました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-05-28 17:40  

兼六園と金沢城のライトアップが6月2日、3日に行われます

e0018428_223067.jpg

先日兼六園と金沢城の石川門を
結ぶ橋の前を通るとライトアップの
看板が建っていました。

次回の兼六園・金沢城のライトアップは
初夏の段として6月2日、3日に行われます。
この日は百万石まつりの日です。

百万石まつりにライトアップをするんですね。
石川県もなかなかやります。
百万石まつりは県内外から多くの方が
見に来られますのでその時に
ライトアップで兼六園と金沢城の新たな魅力を
付加できるのはいいことだと思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-05-27 22:32  

百万石まつりに東京ディズニーリゾート®スペシャルパレードが行われます

e0018428_23111397.jpg
先日金沢駅の鼓門の所を歩いていると
百万石まつり仕様になっていました。

赤い陣幕に金の梅鉢紋が描かれていて
加賀藩の殿様になった気分で写真を撮れます。

今年の百万石まつりは6月1日~3日に行われます。

メインの百万石行列は土曜日の2日ですが
昨年ぐらいから行われている
加賀藩で慶事があると行われていた
盆と正月とが一緒に来るような
加賀百万石「盆正月」のなかで
6月3日の午前11時30分から
金沢城公園新丸広場で
特別仕様車「ドリームクルーザーⅡ」で
東京ディズニーリゾート®スペシャルパレード
が行われます。

加賀藩祖前田利家もミッキー達のパレードが
一緒に行われるとは思いもしなかったでしょうが
百万石まつりに来られる方も歴史の人物と現代の
人気者が共演するのは見ものだと思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-05-26 23:10  

石川県立美術館で第43回日展を見てきました

e0018428_21453512.jpg

今日は石川県立美術館で
第43回日展を見てきました。

一階には日本画と彫刻が並んでいました。
二階に上がるとお目当ての工芸に書、洋画
の部屋がありました。

工芸では文化勲章を受章した大樋長左エ門さん
の龍文の花瓶や九谷焼では武腰敏昭先生の
鳥文の壺も出ていました。

工芸の部門で陶芸は花瓶などが多かったのですが
漆芸などは本来は鉢や筥が多く出品されるのに
今回は額等の平面的な作品が多いように思えました。

織物も額が多く工芸なのか日本画なのかわからない
ようだと思えました。

用の美を目指す工芸の力が落ちているのかもしれません。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-05-23 21:45  

見附正康さんと山本篤さんとのコラボレーションの大皿が入荷しました

e0018428_219238.jpg

昨日の工芸未来派の一番最初に紹介した
見附正康さんの作品が入荷しました。

先日山本長左さん篤さんの工房に行った時
篤さんと見附さんとのコラボレーションの
大皿を見せて頂きました。

山本篤さんは山本長左さんの形を担当している
轆轤師であり、この兄弟で商品を作り
宮内庁に納めています。

篤さんもう一つの顔は黄磁の作家でもあります。
薄黄色の生地にヒダを作ったりしてきれいな形が
とても魅力的です。

その黄磁と見附さんの赤絵のコラボレーションの作品です。
黄磁を覆うてしまうくらい赤絵を描くのではなく。
遠くから見ると赤い線が丸く描かれているだけに見えます。
しかしよく見ると細かい小紋の連続になっています。

作家の個性がせめぎ合っていて
まさにコラボレーションの作品だと思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-05-22 21:11  

金沢21世紀美術館で「工芸未来派」を見てきました

e0018428_22301937.jpg

先日金沢21世紀美術館で
「工芸未来派」を見てきました。

工芸の未来派というのはなんだろうと思います。
工芸というのは伝統工芸という言い方があって
どちらかというと古臭いという感じがしますが
それが未来と結び付くとどんなふうかと楽しみです。

入いるといきなり九谷赤絵の見附正康さんの部屋です。
赤絵のしゃれた大皿が並んでいます。
でも普通に棚に並んでいるのではありません。
それもいつもよりも高い目の高さの所にくっつけてあります。
白い壁なのでとても新鮮に思えました。

次の部屋には龍の図が印象的な有田焼の葉山有樹さんの作品です。
染付と金で描いてありますがそんなに新しいとは思えません。

廊下には竹村友里さんの抹茶碗が並んでいました。
なかなか面白くいい感じです。

そのあと大きな部屋に大樋年雄さんの抹茶碗が
作られた場所の写真とともにならんでいました。
世界中色々な場所で作る時に色々なインスピレーションが
沸いてくるということが良くわかりますが
茶碗の形などはとても普通で抹茶碗の未来は
これまでと同じで変わることがないのかと思つてしまいます。

その奥には猪倉髙志さんの白い複雑でそれでいて
シンプルな形のオブジェが並んでいました。
何に使うかわかりませんがとてもきれいなものだと思いました。

工芸未来派という今までと違う展示で視点を変えたり
思いがけない形や描き方で現代性と世界性が
表現されたと思いました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-05-21 22:30  

金沢の情報誌クラビズムにガラスde九谷焼香炉が載りました

e0018428_18331350.jpg

今日発売の金沢の情報誌クラビズムに
当店で作ったガラスde九谷焼香炉が載りました。

クラビズム6月号は綾瀬はるかさんの顔写真が目印です。
いつものように今評判の串焼き&串揚げ店の
特集もあります。

当店がのったのは特集「カワイイ金沢工芸マルシェ」
のコーナーの「生活空間を彩る、
個性派かわいいに心ときめく。」と題したページです。

加賀の秋友先生に作っていただいたガラスの器に
小松の高明先生に作っていただいた金襴手の蓋を載せ
足を付けた涼しげなガラスの香炉です。

香炉として考えたのですが、
ポプリを入れる香りの器にしたいという方もいらっしゃいます。

ガラスなので中が透けて見えるところが面白いと思います。

一枚めくると当店の情報も載っています。

是非見てください。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-05-20 18:38  

金沢のひがしの茶屋街に鹿が出没しました

e0018428_14335736.jpg

昨日夕方ひがしの茶屋街を歩いていると
NHKのディレクターが走り回っていました。

どうしたのですかと尋ねると鹿が出たのです。
といって走っていきました。

跡を追うとパトカーが二台停めてあり
警察官がガードしていました。

子供のおやつにつられて山を下りて来たそうで
ひがしの茶屋街までくると人がいっぱいいて
びっくりしたということでした。

しばらくどうなるかと見ていると
市役所の方が5、6人入っていったら、
今から捕獲するので危ないからと言って
見物人を立ち去らせました。

会合の時間があるので最後まで見れませんでしたが
新聞を見るとカモシカだったようです。

猪や熊が町に出没することはニュースで見かけますが
カモシカが出るというのは珍しいのではないかと思います。

それだけ金沢は街と山の自然とが接近している証かも知れません。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-05-19 14:34  

「ゴーギャン、ピカソからローランサンまでストラスブール美術館展」に行ってきました

e0018428_21282030.jpg
今日は福井の県立美術館に行って
「ゴーギャン、ピカソからローランサンまで
ストラスブール美術館展」に行ってきました。

以前、市内の新しい交通システムを見る為に
行ったことのあるフランスのストラスブールは
トラム=LRTという路面電車がヨーロッパでも
いち早く整備されたことで有名な街です。

フランスとドイツの国境近くの街で
EUヨーロッパ議会もあります。

そのストランブールの美術館の収蔵する
名画が展示されているというので行ってきました。

ゴーギャンの静物やシスレーの家のある風景、
シニャックのアンティーブの夕暮れ、
ピカソの座る女などとても良いと思いました。

ピカソはありえない感じでヘンに思うのですが
それでもなんか良いと思うのです。

それ比べて後半に飾られている現代美術は
線や丸だけが描かれていてなかなか難解でした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-05-16 21:29