<   2012年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

星稜高校2年4組の同窓会が行われました

e0018428_22224048.jpg
昨日星稜高校2年4組の同窓会が行われました。

同窓会といえば卒業年度の3年のクラス会を
行うのが普通だと思います。

でも高校の三年というのは大学受験が
すごく重荷になっていてちっとも同窓会を
やろうという雰囲気になれません。

昨年星稜高校全体の同窓会があり
同期で行った二次会に来ていた人が
2年4組の人が結構集まりそれでは
このクラス会をしたらいいのではということになりました。

武蔵ヶ辻のエムザの裏にある座いっぷくに
24名が集合しました。

ほとんどの人が三十数年ぶりです。

もちろん女性は姓が変わっていますが、
昔の名前で呼ばせて頂きました。

簡単な自己紹介のあと話は色々合って尽きません。

二次会、三次会とほとんどの人が帰らず
話をしています。
懐かしい昔の話や現在の悩みなどです。

三十年たって外見は大きく変わりましたが、
少し話すとしぐさや癖などは変わらなく
懐かしく思えました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-04-29 22:23  

ラ・フォル・ジュルネの開幕を告げる金沢まちなかプレリュードがおこなわれました

e0018428_1731630.jpg

今日からラ・フォル・ジュルネ=熱狂の日音楽祭が
はじまりました。

開幕を告げる金沢まちなかプレリュードが
街中の各所でおこなわれました。

当店の隣のプレーゴでも金管アンサンブル
「ミッドナイト・ブラス」が演奏をしていました。

おりからの快晴で風も心地よく野外での
コンサートにはもってこいでした。

この後、香林坊の赤羽ホールでは
「ピアノの日」のコンサートが行われます。

明日には本格的に音楽祭が始まり、
金沢中で熱狂の日となります。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-04-28 17:30  

5月3日~8日に坂本好二・坂本市郎親子の作陶展を行います

e0018428_21574985.jpg

当店の次回の展示会の案内です。

ゴールデンウィーク中の5月3日~8日に当店の2階で珠洲焼の
坂本好二・坂本市郎親子の作陶展を行います。

珠洲焼は備前や越前焼と同じ無釉の黒い焼物です。

備前とは違う特長としては珠洲焼は燻して
黒さを際ださせています。

坂本好二さんは平安時代に栄えた珠洲焼を
昭和の時代に再興した一人です。

千年もの間途絶えていた焼物を
もう一度作るというのはとても大変だと思います。

そして時代が違うのでただ昔と同じものができたとしても
ダメで時代が求める新しさがないといけないと思います。

黒だけの珠洲焼は華やかな九谷焼とは対極にある焼物ですが
それだけに九谷焼とは違った魅力があります。

ゴールデンウィークに金沢に来られる方は是非
お立ち寄りください。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-04-27 21:58  

九谷焼美術館のあと蘇梁館へ入ってみました

e0018428_21114971.jpg

昨日加賀の九谷焼美術館のあと
古九谷の杜から実性院途中にある
蘇梁館へ入ってみました。

加賀の橋立の旧家を移築したそうで
中にはいると囲炉裏がある
大きな梁が見事なの御居(おえ)がありました。

4っつある畳の間の3っつには
お茶の炉が切ってありました。

縁側の梁もまっすぐな一本杉でしたし
床の間も黒柿だったり鉄刀木だったり
贅を尽くした造りです。

加賀の橋立は北前船の商売で財を成して
40軒ぐらいの屋敷が今でも残っています。

その一つを移築して作った館で
橋立の栄華が思われます。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-04-26 21:12  

加賀大聖寺の九谷焼美術館で「筒描と九谷焼」みてきました

e0018428_21354278.jpg
今日は加賀大聖寺の九谷焼美術館で行われている
「筒描と九谷焼 藍と五彩に込められた めでたき意匠」
を見てきました。

九谷焼美術館の前を流れる熊坂川沿いの桜は
散ってもう葉桜になっていましたが
美術館の前にある古九谷の杜にある
八重桜は今が満開でした。

筒描とは藍染の技法で円錐形の筒に入れた糊を
しぼり出して生地に図柄を描いていく技法です。

普通の藍染は型紙を用いる型染です。
一方筒描は手描で生き生きとした作品に仕上がるそうです。

今回の展示会ではその筒描と九谷焼とでは
デザインの共通なものが多くあります。

松竹梅や龍鳳凰、鶴亀、蓮など
おめでたい図柄は慶事に使われることが多い為に
筒描と九谷焼に共通のデザインが使われたのだと思います。

改めて九谷焼の絵ににおめでたいデザインが多いなと思いました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-04-25 21:36  

ゴールデンウィークに金沢ではラ・フォル・ジュルネ=熱狂の日音楽祭がおこなわれます

e0018428_19172134.jpg
今年もゴールデンウィークに金沢では
熱狂の日音楽祭がおこなわれます。

このラ・フォル・ジュルネ=熱狂の日音楽祭は
公演時間が約45分なので手軽に
一流のアーティストを堪能できる
すばらしい音楽祭です。

今年のテーマはサクル・リュス=ロシアの祭典です。

ロシアの作曲家といえば一番最初に思いつくのは
くるみ割人形のチャイコフスキーですが
そのほかリムスキー=コサコフ、ラフマニノフ、
ストラヴィンスキー、プロコフィエフ、
ショスタコーヴィチの19世紀から現代までの
ロシア音楽の変遷をたどります。

一流の音楽家がこられるのでホールでの
有料のコンサートが多いのですが初日の4月28日には
「金沢まちなかプレリュード」がアトリオ、109、
大和、プレーゴ、ラブロなとで行われます。

そのほか無料コンサートも多数あったり
子供が楽しめる仕掛けもあって

連休中金沢はロシア音楽で包まれることになります。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-04-24 19:17  

金沢まち飲みラウンドのポスターとパンフレットが出来上がりました

e0018428_1924391.jpg
片町商店街の大人気イベントの
金沢まち飲みラウンドvol.5
のポスターとパンフレットが出来上がりました。

5月14日、15日、16日の3日間行われます。

まち飲みラウンドは3000円で3軒を巡る3日間と題して、
片町の居酒屋・ダイニングやバーそしてクラブ・ラウンジ
の3っの種類を廻っていただいて楽しんでいただけます。

女の方同士ではバーやラウンジはちょっとという方のために
今回はパンフレットにも男女別に回り方ガイドを付けてあります。

たとえば女同士やカップルだったらダイニングからバーに行き
最後もダイニングという廻り方もよいとわかりやすく書かれています。

前売は3000円、当日は3500円ですので
早めに券を手に入れていただければ良いと思います。

三軒廻ってチケットにスタンプを押してもらい
抽選ボックスに入れていただくと
豪華景品が抽選で当たるのも楽しみです。

詳しくはhttp://kanazawa-5town.jp/まで

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-04-22 19:02  

九谷焼の新しい生地「美白の九谷焼」のことが載っていました

e0018428_1935060.jpg
昨日の地元の北國新聞に九谷焼の
新しい生地のことが載っていました。

今までの九谷焼の生地は少し青っぽい白でした。
九谷の鮮やかな色絵を乗せるには
色が際立つので適していたのかも知れません。

今回石川県工業試験場九谷焼技術センターで
黄ばまず、青みのない「美白の九谷焼」=
「酸化白色杯土」が開発されました。

焼物で純白を求めることは古来の夢でした。
焼物は赤っぽい白か青っぽい白があり
その中間の真っ白を作ることは至難の業だったのです。

ヨーロッパでは中国の白い磁器を作るために
王様が錬金術師を閉じ込めて研究させた
という話まで残っています。

ノリタケ=日本陶器では白の器を作るために
大倉陶園という会社まで作って研究してきました。

九谷焼は白山が鉄をおびた山なのでどうしても
鉄粉が生地に混ざり青みがかった生地に
なることが多かったのです。

今回は粘土の配合比率を調整して
白く明度も高い酸化白色杯土が出来たそうです。

九谷焼の可能性が広がっていくと思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-04-21 19:04  

千里浜の海岸に夕日がとてもきれいでした

e0018428_1924337.jpg

昨日の七尾の帰りに羽咋の
千里浜へ行ってきました。

千里浜はなぎさを車で走れる珍しい海岸です。
まだ海水浴には早いので海岸は静かです。

ちょうど日が暮れてきて
雲間に夕焼けがきれいでした。

小舟が穏やかな波に揺れて
手前にはかもめも見えます。

詩的な景色でした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-04-19 19:24  

七尾にある桜の名所小丸山公園に行ってきました

e0018428_21162289.jpg

今日は能登の七尾にある桜の名所
小丸山公園に行ってきました。

前田利家が能登一国の領主だった時
七尾の城をこの小丸山に移して治めた場所です。

小丸山公園では今まさに桜が満開で
多くの人が桜を見に訪れていました。

坂を上りきると利家とまつの銅像が迎えています。

七尾の街を眼下に見下ろすことができます。

奥の方には大きな日勝上人像も桜に木の下に立っていす。

公園の各所で花見の宴も開催されていて
なかなか楽しそうです。

もう少し日が暮れたら
もっと花見の宴が催されていそうでした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2012-04-18 21:33