<   2010年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

YAHOOの地図に登録してみました

e0018428_1845775.jpg

今日、YAHOOの地図で検索していると
片町商店街に色々な看板みたいなものが
立っていました。

良く見る周辺地図で登録をすると
ブログが地図上に載るシステムのようです。

どうすれば良いのかよくわからないけど
登録して見ようと思います。

最近は旅行に行くにも買い物に行くにも
まず地図で確認してからという方が増えていると思います。

ネット検索が昔の電話帳替わりになっているのだと思います。

ブログの先輩の片町の金港堂さんに言わせると
ホームページが無いと店が存在しないと思われる
という感じだそうです。

当店も頑張って情報発信するようにしたいと思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2010-01-31 18:06  

小松の芦城公園に故徳田八十吉先生の「五彩の鯉」が飼われています

e0018428_17443760.jpg
先日、小松に行ったとき
芦城公園を歩いていると、
池に立て札が立っていました。

新聞にも出ていましたが、
九谷焼の人間国宝作家 徳田八十吉さんが亡くなり
飼っていた鯉を小松市に寄贈しました。

小松市は「五彩の鯉」と名づけて
芦城公園で飼っているというものでした。

池の中を見てもなかなか見当たりません。

いましたいました寒いので橋の下に
じっとしているようです。

八十吉先生が丹精込めた鯉が何匹もいて、
とても大きく立派なものでした。

暖かくなれば悠然と泳ぐ姿が見れるかもしれません。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2010-01-30 17:45  

「金沢城・兼六園のライトアップー冬の段」がおこなわれます

e0018428_21375320.jpg

最近、金沢で観光客を集めているイベントの
「金沢城・兼六園のライトアップー冬の段」
が2月5日~7日と11日~14日に行われます。

目玉のオーケストラアンサンブル金沢のメンバーによる
兼六園クラシックミニコンサート「癒しのシンフォニー」
が奏でられます。

もう一つの魅力のパティシェの辻口博啓さんによる
おもてなしカフェも開催されます。

寒さが一番厳しい2月ですが、
フードピア金沢が行われたり、ライトアップがあったりして
金沢の魅力が出る時期だと思います。

ライトアップとクラシックコンサート新たな魅力が
加わったと思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2010-01-29 21:38  

「スイートバレンタインin片町」を欧風カジュアルキッチン え~じ。でおこないます

e0018428_21561266.jpg

片町商店街の今年初めてのイベント
「スイートバレンタインin片町」を
欧風カジュアルキッチン え~じ。で
2010年2月7日(日)午後4時~午後6時 
に行います。

「スイートバレンタインin片町」は
片町商店街が一昨年から行っている
お見合いパーティーです。

結婚の意志のある男女に出会いの機会を
片町の中でつくり、
出会ったのはこの町(片町)ですと
言って頂きたいと思ってはじめたイベントです。

今回の会場の欧風カジュアルキッチン え~じ。は
当店の並びで香林坊の交差点にある
パスタやクレープなどを得意とする店です。

道から店の中が見えていつもお客様の
絶えない店です。

今回は男女各15名を募集します。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2010-01-28 21:56  

金沢中村記念美術館で冬季展「文様の世界」を見てきました

e0018428_18261115.jpg

金沢中村記念美術館で行われていた
冬季展「文様の世界」を見てきました。

中村美術館の所蔵する美術工芸品に
描かれた文様の美に光を当てて、
解説するといった企画展です。

九谷焼では金沢付の名工水田生山の
十碗煎茶器の四季農耕図が綺麗でした。

水田生山は明治から大正時代に活躍した
九谷焼の絵付作家で、
四季農耕図に描かれた人物の顔も
とても綺麗に描かれていましたし、
金小紋の盛り金の技法がすばらしいものでした。

さすが九谷焼の最高峰といわれた金沢付(金沢絵付)
の金の盛り上げ方が能美や大聖寺で付けられたものとは
厚さも金の発色も違います。

そのほか先日金沢九谷振興協同組合40周年時に書いた
金沢九谷の祖 青木木米の色絵扇面梅の図香合が出ていました。

この黄色の扇面香合は金城製と書かれていて、
短い金沢での滞在の中、木米が金沢で作ったことが確かな名品です。

焼き物のほかには酒井抱一の立雛の掛け軸や
狩野探幽の三幅の掛け軸がとてもすばらしいと思いました。

喫茶室からお茶室のある庭を見ると少し雪が残っていて、
日本晴れの青空を背に良い雰囲気でした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2010-01-27 18:29  

辰口温泉のまつさきに行ってきました

e0018428_18551848.jpg

金沢の周りには多くの温泉があります。
有名なところは能登の和倉温泉と
加賀の山中、山代、片山津があります。

でも金沢から近いのは北の湯涌温泉と
南の辰口温泉です。
車で30分ぐらいでいけるので、
昔から湯治に行っていたようです。

辰口温泉というっても二軒しかなく
たがわ龍仙閣とまつさきです。

昔は辰口の街中の曲がりくねった道に
二軒が向かい合って建っていました。

まつさきが20年ぐらい前に建替て
裏の池から渡って入れるようになりました。

駐車場から門をくぐると池があり
折橋のようになったアプローチから入ると
広いロビーになっていました。

「まつさき」は歴史も古く
金沢の文豪 泉鏡花のゆかりの宿
としても有名です。

お料理もとてもおいしく。

とてもリラックスできました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2010-01-26 18:55  

「いしかわの伝統と新しい感性」石川県デザインセンター選定商品カタログが届きました

e0018428_21303046.jpg
石川県デザインセンターから
「いしかわの伝統と新しい感性」という
平成21年度石川県デザインセンター
選定商品カタログが届きました。

先日、選定会で決まりました
当店のガラスde九谷焼香炉も載っています。

カタログの表紙にも写真が載っていました。

中をめくるとありました、
「色絵とガラスの優美なる出会い」
という見出しにガラスのボディの香炉が
並べられている写真と私の写真が写っています。

ガラスde九谷焼香炉が出来たときの
経緯などが書かれています。

他にも色々面白い商品も載っています。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2010-01-25 21:31  

めざまし土曜日で金沢が紹介されていました

e0018428_2142643.jpg

昨朝、めざまし土曜日で
金沢が紹介されていました。

松尾さんがレポーターとなって
ひがしの茶屋街へ行ったり
近江町市場へ行っていました。

金沢で蒲焼といえばうなぎでなくて
ドジョウの蒲焼ですと言っていました。

串にさしたドジョウを甘辛いタレにつけて
焼くとドジョウの蒲焼が出来ます。

お酒のつまみやおかずとして金沢では良く食べます。

そのタレには金沢の飴屋として知られている
俵屋の飴が使われているということで
小橋の俵屋へ行ってレポートしていました。

その後七尾の和倉温泉へ行って旅館
で鰤や蟹などおいしい料理を
おいしそうに食べていました。

この時期金沢はとてもおいしいのです。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2010-01-24 21:43  

金沢九谷振興協同組合の40周年の祝賀会が松魚亭で行われました

e0018428_22123277.jpg

金沢九谷振興協同組合の40周年
記念式典の後お待ちかねの祝賀会が
行われました。

金沢九谷の陶祖青木木米が窯を築いた
卯辰山にある松魚亭です。

会場が離れているためマイクロバスでの移動です。

祝賀会の開催にあたって片岡光山堂さんが
謡曲高砂の「四海波静」を謡いました。

その後21世紀美術館の秋元館長に
来賓挨拶と乾杯をしていただきました。

歓談のあと、にしの茶屋街の芸妓による
踊りや太鼓などが行われ和やかな
祝賀会となりました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2010-01-23 22:15  

金沢九谷振興協同組合の創立40周年の記念式典が行われました

e0018428_21461364.jpg

きのうは夜遅くなって寝てしまい、
ブログを書くことが出来ませんでした。

なぜ、書けなかったかというと、
金沢九谷振興協同組合の
創立40周年の記念式典があったからです。

昼過ぎから会場の金沢能楽美術館の三階で
机や椅子を並べたりして設営をしていました。

多くの来賓の方に来ていただいて
理事長挨拶のあと、人間国宝の吉田美統さん
九谷焼の連合会会長の伊野正満さんにも
ご挨拶を頂きました。

そしてこの日のために金沢九谷振興協同組合で作った
陶額の話をプロジェクターを使って行いました。

組合に伝わる小松砂丘作の掛軸
「青木木米の春日山窯の図」を基にして
陶額にしたものです。
 
その後、山出金沢市長に「歴史都市・創造都市」
という題で記念講演をしていただきました。

ものづくりの町金沢の目指す方向などを
明確に話をされてとてもよかったと思いました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2010-01-22 21:46