<   2009年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

中村記念美術館で「茶道具の次第」を見てきました

e0018428_2091554.jpg

中村記念美術館に行って
「茶道具の次第」を見てきました。

茶道具の次第とは何かと思っていたら、
お茶道具の本体に付けられた付加価値のことで、
箱や仕覆(しふく=きれいな端切れの布などで作られた袋)
や伝来書によって価値が高められています。

著名なお道具は持ち主が変わるごとに
箱が作られることが多く二重箱、三重箱になっています。

この展示会には中村記念美術館の誇る
名品が箱、仕覆、極札、譲状、伝来書と共に並べられています。

結構珍しい展示会です。

どこの展示会でも本体は飾りますが、
付属品を飾ることは稀なのです。
それもすべてというのはなかなか面白いです。

茶碗などは四重の箱もあるのですね。
本体も立派ですが、箱も漆で塗られたもので
とてもきれいなものもあり、
手に入れた人のモノへの思い込みの強さを感じます。

この展示会は10月24日まで開催されています。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-09-30 20:09  

「ガラスの工芸の精華ーガレから現代まで」のパンフレットを頂きました

e0018428_2149997.jpg

能登島のガラス美術館から
「ガラスの工芸の精華ーガレから現代まで」
のパンフレットを頂きました。

ガラスの作家で言えば一番有名なのは
エミュール・ガレです。
そしてドーム兄弟が続きます。

アール・ヌーヴォーといわれる時代、
ガレが作った単純化された美の様式が
陶芸の板谷波山などにも影響を与えました。

それだけ装飾性、芸術性が強かったのだと思います。

ヴイネツィアで花開いたガラス工芸は
ヨーロッパの王侯貴族を魅了し、
ヨーロッパ全土へ広がっていきました。

そしてガレによってガラスという素材を
使った装飾作品が作られるようになりました。

この展示会では
第一章 プロローグ
第二章 アール・ヌーヴォー
第三章 アール・デコのガラスと新たな胎動
第四章 日本のガラスの先駆者たち
第五章 多様化する現代のガラス
の五つの章に分けて展示されていいます。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-09-29 21:49  

会報「かなざわ」の表紙に赤絵の堀川十喜さんが取り上げられました

e0018428_1393234.jpg

金沢商工会議所が発行している会報
「かなざわ」の今月の表紙を飾っているのは
九谷焼の赤絵の堀川十喜(ほりかわとき)さんです。
彼女は数少ない金沢九谷の作家なのです。

この会報「かなざわ」の表紙は
最近、金沢の伝統工芸をシリーズで取り上げています。

金沢九谷の赤絵は線が細く、金の発色が良く
赤絵細描(あかえさいびょう)といわれています。

写真で堀川さんの描いている様子が良くわかりますが、
下書きが無くフリーハンドで細か線を描いています。

先生に言わせると小紋などの連続模様は
何にも考えないで、手が勝手に動くそうです。

逆に言うとそれほどまで修行をしないと
このような細いきれいな線は出来ないのだと思います。

赤絵を描き終わると一度窯に入れ焼き上げ、
その後、金で描いて窯に入れると完成です。

なかなか手間のかかる作品です。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-09-28 13:11  

「ジャパン九谷の時代」のパンフレットを頂ました

e0018428_22141188.jpg

ポスターを頂いた時書きましたが
「ジャパン九谷の時代」のパンフレットを
また頂きました。

小松の錦窯展示館は小さな美術館で
行われている企画展もこじんまりとした
ものが多いしほとんどパンフレットも
ないことが多いのですが
今回は気合が入っています。

二つ折のすばらしいパンフレットです。

明治期に西洋を魅了したジャパン九谷
1.明治~ジャパンクタニ~の時代
2.素地と上絵の分業
3.万国博覧会
4.青九谷の復権
の4っのことが書かれています。

明治期の九谷焼のことがとてもわかりやすく
書かれています。

裏面には松雲堂の松本左瓶と初代の徳田八十吉の
ことが詳しく書かれています。

展示会がとても楽しみです。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-09-27 22:15  

「魯山人と辻留 器にこだわる」を読みました

e0018428_22122796.jpg

久しぶりに読んだ本のことを書きます。

辻義一著「魯山人と辻留 器にこだわる」です。

名料亭で知られる辻留の三代目の辻義一は
若くして魯山人に修行に行きました。

その時、魯山人から教えてもらったことや
魯山人の人となりなどが書かれています。

そして辻義一さんの好きな作家、
魯山人ゆかりの作家のことなどが書かれています。

月ごとに辻留の器歳時記として器の使い方も書かれています。

この中で辻留の料理を盛る極意として
初代留次郎の「ざんぐりと盛る」という言葉を
紹介しています。

京都で使われる言葉であまりにきれいに盛りすぎると、
取り分ける時など最初に取る人が緊張していけない、
少しくずれていて自然体のほうが良い。

魯山人も「かちかちとまるで石垣のように盛るのではなく、
押しつけず、どこまでも軽くふわりと盛れ」と
言っていたと書いてあります。

「ざんぐりと」とは奥深い言葉ですね。

きれい過ぎず、かといってくずれてはいない、
自然にというのが一番難しいのです。

人間も自然体というのができそうでできないのです。

とても面白く読みました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-09-26 22:13  

「5タウンズフェスタ香林坊まつり金沢スィーツフェア2009」が行われます

e0018428_22303169.jpg

10月の連休に片町では
歩行者天国が行われますが、
香林坊の中央公園では10,11,12日に
「5タウンズフェスタ香林坊まつり
金沢スィーツフェア2009」が行われます。

一昨年から始まった屋外でのスィーツイベントは
今年はスケールアップして
金沢中の有名スィーツ店が23店出店します。

スィーツに特化した屋外でのイベントは
全国的にもなかなか珍しいと思います。

去年も多くの人が来られてすごい人でした。
一人で何個も食べている方もいました。

今年も大変楽しみです。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-09-25 22:31  

「5タウンズストリートダンスコンテスト」が「KATAMACHIホコ天」でおこなわれます

e0018428_2201319.jpg

もう一つのイベントは今年で11年目を迎える
「5タウンズストリートダンスコンテスト」です。

去年までは香林坊のアトリオ広場や
中央公園などで行われてきましたが、
今年は片町のラブロ片町で予選が行われ、
決勝戦は片町で行われる歩行者天国の
「KATAMACHIホコ天」でおこなわれます。

今年も優勝賞金20万円+という大盤振る舞いです。

ラブロ片町の予選は10月10日の朝10時から
KATAMACHIホコ天の決勝選は
10月11日午後1時から行われます。

ゲストにはスタジオ・フェイスTAKEOプレゼンツメンバー
がこられます。

10年を過ぎ金沢の街の名物イベントとなった
この「5タウンズストリートダンスコンテスト」
がホコ天という新しい会場でひとまわり大きくなります。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-09-24 22:01  

金沢城の二の丸広場で「SUTEKI’09~かなざわ工芸物語~」がおこなわれます

e0018428_20472390.jpg

シルバーウィークも今日で終わりです。
金沢でもすごい人手でした。

今年の5月のゴールデンウイークには
ETC1000円で道路が混むという予測で
2,3日前から帰る人が多く一日位しか
いそがしい日は無かったのです。

それに比べてシルバーウィークには
最終日まで多くの人がいっぱいでした。

そして金沢では10月にも色々なイベントが行われます。

その一つが「おしゃれメッセ2009」です。
金沢城の中でファッションショーや
「SUTEKI’09~かなざわ工芸物語~」
が行われます。
この工芸物語では、当店の作った
新しい品物も提案させていただきました。

10月15日~18日まで金沢城の二の丸広場で
発表させていただきますのでご期待ください。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-09-23 20:48  

「カナザワ映画祭2009 新世界秩序 サバイバルガイド」がおこなわれています

e0018428_1517519.jpg

金沢でこの時期おこなわれるイベントでもう一つは、
「カナザワ映画祭2009
新世界秩序 サバイバルガイド」です。

一昨日には当店の近くの中央公園で
シークレット映画の上映がありました。

シークレットなのは題名を明かさずにおこなわれた為です。
どんな映画かといって見ると北朝鮮の映画のようでした。

香林坊109の上のシネモンドでは25日まで、
21世紀美術館のアートシアターでは23日まで
この映画祭がおこなわれています。

ちょっとありえない映画も上映する映画祭です。
そこが普通のロードショーにかかる映画とは
違うカナザワ映画祭の魅力なのかもしれません。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-09-22 15:18  

中央公園で「合同学園祭」がおこなわれました

e0018428_18315272.jpg

きのうは、当店の近くの中央公園で
金沢の学生達のお祭り
「合同学園祭」がおこなわれました。

大学や専門学校が金沢にはありますが、
学校の垣根を取り払って一緒に学祭を
やろうとしてはじまったのです。

昨日の夜遅くなってメインのイベント
ミスコンテストの決勝がおこなわれました。

携帯やサイトの投票での一次審査に残った方10人を
審査した後、決勝に三人のミスが残っていました。

決勝ではウエディングドレスを着て、
舞台を歩き、感想などをお話したあと、
今年のミスが決まりました。

ガラスの靴を履かせてもらって
まるでシンデレラのようでした。

夜遅くまで多くの学生で賑わっていました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-09-21 18:33