<   2009年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

「金澤下町柿木畠水掛け神輿」がおこなわれました

e0018428_12475170.jpg
昨日は、当店の近く柿木畠商店街で
「金澤下町柿木畠水掛け神輿」がおこなわれました。

総選挙の投票日ということもあってどうなるのかと
心配していましたが、
新たに女神輿も出来て計四基の神輿が
太鼓の音と共に街中を練り歩きました。

今年はルートも変更されて、
石浦神社を出た後、香林坊、せせらぎを通り、
タテマチを通って柿木畠に入りました。

神輿というのは後戻りは出来ず、
左回りに決まっているようで人気の高まりと共に
大きな祭りとなってルートも変わったそうです。

最後に片町から柿木畠の入口のカジュアルキッチン
「えーじ。」の店の前で神事がおこなわれました。

皆、神妙な面持ちで祝詞を聞いています。

揃いの法被はもうすでに水を掛けられて皆
びっしょりです。

天気も良く水を掛けるお祭りにとても合う日になりました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-08-31 12:48  

朝早く起きて長町公民館へ選挙に行ってきました

e0018428_12323999.jpg

昨日は九谷焼の会合のあと
家に帰るとふと寝てしまって、
夜中に起きると「えーこんな時間」という
ことになってしまってブログを書けませんでした。

気を取り直して、朝早く起きて
選挙に行ってきました。

母校の長町小学校の横にある長町公民館です。

小学校はなくなり、今は長町研修館になっています。
その隣の昔プールだった横に公民館はあります。

選挙の時はいつもこの公民館でおこなわれます。
朝早くにもかかわらず結構な人が来ています。
有権者の関心の高さが伝わってきます。

今回は金沢でも民主党が優勢のようです。
この先3,4年の日本の国がどのようになるのか
決める重要な選挙です。
今晩の開票速報でどうなるのか眼が離せません。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-08-30 12:33  

室生犀星記念館の近くにおいしいフランス料理店「ラ・ネネグース」が出来ました

e0018428_17253497.jpg

片町商店街から犀川大橋を越えた
室生犀星記念館の近くにおいしい
フランス料理店「ラ・ネネグース」が出来ました。

以前は金沢の西インターのすぐ近くにあった
ラ・ネネグースですが、最近移転してきたのです。

町屋のたたずまいで、暗い中格子からほのかに光が見えます。

一階はカウンターに庭の見える席と
階段を上がると和室にしゃれた丸テーブールと椅子が
並べられていて、テーブルと椅子がありました。

外を見ると暗闇に犀川の川面が見えます。

お待ちかねの料理も
ちょっとした前菜に魚料理とメインの肉料理
デザートにコーヒーとどれもとてもおいしい料理です。

奥様はワインも詳しく本格的なワイングラスで
注いでいただきました。

片町のネオンも対岸に見える小粋なフランス料理店です。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-08-28 17:28  

人間国宝徳田八十吉先生が亡くなられました

e0018428_10413711.jpg

昨晩から九谷焼の業界は凄い衝撃が走っています。

それは人間国宝 徳田八十吉先生が亡くなられたのです。

徳田八十吉先生は享年75歳でした。
初代、二代の跡を継ぎ三代徳田八十吉として知られ、
初代、二代が古九谷、吉田屋などの
九谷焼の伝統的な絵を描くなか
九谷焼の五彩といわれる色に注目して、
色を研究し、釉薬を流すように見える
釉彩磁器で人間国宝になられました。

特長のあるのは青、紫色で
少しづつだんだん変わっていくように色を塗りつめて、
窯の中で色が熔けることによって混ざり
神秘的で不思議な作品を作り出しています。

当店にある写真の大皿も古九谷にある石畳紋を
思わせる図柄で、紫色から青色と何段階かの色を塗り、
立体感が出ている大作でモスクワでの個展に出すために
作った品物の一つといわれています。

九谷焼の業界を背負ってこられた巨星を
失ってしまったという気がします。
ご冥福をお祈りします。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-08-27 10:43  

鎌倉に行ってきました

e0018428_2341947.jpg

仕事で鎌倉にいってきました。

鎌倉といえば駅前の商店街から続く小町通りと
その奥にある若宮大路の先にある鶴岡八幡宮です。

鎌倉幕府のあった時から続く神社です。
若宮大路は駅前ぐらいから
真ん中を一段上がった歩道が続いています。
段葛(だんかずら)といわれています。
鶴岡八幡宮に近づくにつれ少しづつ細くなっていて、
遠近法の視覚効果により実際より長く見えるようになっています。

その向こうに鶴岡八幡宮の鳥居とその先の山の上に
本殿があり、鎌倉の町がこの八幡宮を中心に
出来上がったことがわかります。

夏休みということもあって、鎌倉の町は人でいっぱいです。
小町通りも八幡宮も多くの人で賑わっていました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-08-26 23:42  

東京国立博物館で「染付 藍が彩るアジアの器」を見てきました

e0018428_21203829.jpg

今日は東京に出張で来ています。
時間の合間に東京国立博物館で行われている
「染付 藍が彩るアジアの器」を見てきました。

東京国立博物館は上野の森にあります。
上野駅を降りて小山のようになっている所を上って、
不忍池の横を通って歩いていくと正面奥に見えます。

立派な建物です、今回の展示会はその奥の
平成館で行われています。
隣には伊勢神宮展が行われていました。

染付は中国の元の時代に出来上がりました。
中国では青花(せいか)と呼ばれています。
日本では着物に藍色を付けるのに似ていることから
染付(そめつけ)と呼ばれています。

英語ではBlue&Whiitと呼ばれ
素焼きの器地にコバルトで絵付をして
約12000℃で焼き上げると出あがります。

九谷焼などはその焼きあがった後色絵付けをして
焼き上げるので上絵と呼ばれているいますが、
それに対して染付は下絵といわれます。

展示会では時代ごとに並べられていて、
まず元の時代の逸品、そのあと明の時代が
前期、民窯ー雲堂手、明代後期、ベトナム
朝鮮、明末清初め、伊万里と鍋島、
清代、京焼と地方の窯といふうに並べられています。

その中ですばらしいのはやはり元の時代のもので
形の鷹揚さに筆の力強さといいピカイチです。
原料のコバルトがアラビアで取れたといわれていて
元の世界帝国になったことが藍色の芸術ー染付を
生み出したのかも知れません。

明時代には唐草などの良い品物ができてきます。
その後アジア各地にも広がり、その土地らしい
染付が生まれました。

日本には秀吉の朝鮮出兵で陶工を連れてきたといわれ
伊万里が生まれ現在の有田焼につながっていきます。

なかなか見ごたえのある展示会でした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-08-25 21:21  

突然ミス加賀友禅が店に入ってきました

e0018428_17134236.jpg

昨日、突然タスキを掛けた女性が入ってきました。
新しい選挙戦術かと思ったら、
「ミス加賀友禅コンテスト」のご案内で
ミス加賀友禅自らが係りの人と共にパンフレットを
持って入ってきたのでした。

「ミス加賀友禅コンテスト」は加賀友禅の組合
加賀染振興協会の主催で
10月16日に金沢城二の丸広場でおこなわれます。

今回は出場者募集の告知でした。

パンフレットの裏面は応募要項と申込書になっていて、
9月17日必着です。自薦他薦を問いません。

一次の書類審査の後、金沢城をバックして
コンテストがおこなわれるそうで、
選ばれた2名のミス加賀友禅には
新作の加賀友禅の訪問着がプレゼントされるそうです。

この日は金沢市のファッションウィークも開催されていて、
金沢城の中はとても華やかになると思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-08-24 17:17  

「ふれあい地蔵通り 新天地夏祭り」がおこなわれました

e0018428_14431848.jpg

昨日当店の近く新天地商店街で、
「ふれあい地蔵通り 新天地夏祭り」がおこなわれました。

商店街のシンボルであるお地蔵さんの社にも
お供え物がいっぱい並んでいましたし、
お参りする方も多くいらっしゃいました。

商店街を通行止めにして、
奥のステージでは歌謡ショーがおこなわれ
屋台のほか、道にはテーブルや椅子が
並べられています。

今年の目玉は「新天地1分フィルムコンテスト」で
「昭和」を切り口にした映像作品の
表彰式もおこなわれました。

お客さんも多く夏祭りを楽しんでいました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-08-23 14:43  

片町商店街に金沢ジャズ・ストリートのフラッグが掲げられました

e0018428_1591128.jpg

当店の前にある片町商店街のフラッグが
金沢ジャズ・ストリートに変わりました。

金沢ジャズ・ストリートは今年初めて、
金沢の街中でおこなわれる音楽祭です。

今年は9月のカレンダーのめぐり合わせで
9月19日(土)から5連休になります。

その5連休の19日から22日までの4日間
金沢ではジャズ、ジャズ、ジャズになります。

昔から金沢の街中ではもっきりやなど
のライブハウスやヨークなどのジャズバーで
ジャズは良く聞かれていましたが、
今回、それらのライブハウスや広場で
まちかど・ジャズライブがおこなわれます。

その他赤羽ホールでは20日、21日には
ホール・ジャズライブがおこなわれます。

そして24時間演奏のできる金沢市民芸術村では
トップアーティストによるジャズ工房・ワークショップが
9月19、20、21日の3日間に初級、中級、上級を
時間を分けてのレッスンがおこなわれます。

片町商店街のほか香林坊、タテマチ、広坂、柿木畠の
各商店街にもジャズストリートのフラッグが掲げられています。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-08-22 15:12  

片町のまちづくり協定の締結にむけて住民説明会がありました

e0018428_1943238.jpg
昨日、片町のbiz cafeで
片町のまちづくり協定の締結にむけて
住民説明会がありました。

前回、片町の総会の時にも
まちづくり協定については説明し
出席された方には金沢市との協定締結にむけて
の合意を頂いておりましたが、
再度、出席されなかった方にも集まって頂きました。

小間井理事長の挨拶のあと
八田委員長によりプロジェクターを使った説明があり、
その後、金沢市の担当の方にも説明をいただきました。

さすがに協定となると、2/3以上の判子を頂かなくてはならず、
集まっていただいた方も真剣な質問がでていました。

この協定は金沢市と片町とがまちづくりについて
どんな街にしていこうという方向性を示しています。

まず暴力団などを禁止行為をおこなうものを排除し、
安心して商売が出来る環境を作ることと
将来、アーケードの建替など想定し、
街のバード面を規定することなどが書かれています。

今年中の締結に向けてまた一歩進みました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-08-21 19:45