<   2009年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

旅行ガイド「ポケッタ金沢」が出来ました

e0018428_19381396.jpg

観光案内ガイドのマップルから
ポケットに入るような小さな冊子
「ポケッタ金沢」が新しく出来ました。

ポケットの入るくらいなので
情報はそんなに多くないのですが、
ギュギュツとつまったコンパクトな旅行ガイドが
コンセプトになっています。

それでも「着くまでに5分でわかる金沢」ということで、
見ておきたい5スポットや
食べておきたい料理5品などが載っています。
そして忘れずに買いたいモノに九谷焼も入っています。

片町でお買い物のページでは
「伝統工芸品の老舗は必見」ということで
石田漆器店さんと当店も載っています。

大きな観光ガイドは持って歩くのが大変という方には
お勧めの冊子です。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-02-28 19:38  

仁寺洞(インサドン)を見て回りました

e0018428_2262884.jpg
折角何年かブログを何年か続けて書いて
きましたが、昨日は書けませんでした。

でも本当は書くつもりでした。
泊まったホテルの部屋はネット環境に無く
せっかくパソコンを持っていったのに
全然約にたちません。
そんな状況のなか韓国に着いた日には
携帯でブログ書きました。
韓国でも携帯が使えるのはありがたいと思いました。
でも昨日はその携帯も電池が無くなり、
韓国用に持ってきたコンセントでつなげても充電できず、
ブログを書いていた途中で切れてしまいました。

ガーーーン。というわけで帰ってきてから書いています。

韓国ソウルで焼物といえば朝鮮青磁です。
骨董店が並ぶ仁寺洞(インサドン)を見て回りました。

表通りの店には現代陶器ばかりで骨董と呼べるものは
無いようです。

どうしてもお土産用に作った青磁を置く店が
多いようでした。

それでも薄手の青磁の抹茶碗が
あっので気に入って買ってしまいました。
ウォンが急落して去年買うお金の
半分で買えるといわれています。

通貨が半分の価値になったら、
国はどうなるのだろうと思っていたら
ソウルの場合は日本人がそれまでの倍以上
旅行してきているようで、すごい込みようです。

小松から帰る飛行機にはブランド品がどけだけ
積み込まれたのだろうかと考えるほど
皆が大きな荷物を持って降りてきます。

なかなか面白い韓国旅行でした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-02-27 22:07  

九谷焼の会で韓国に来ています

e0018428_9405144.jpg

小松空港から直通で韓国のソウルの
仁川国際空港に着きした。
出発してから2時間ぐらいですので、
国内旅行のと変わりありません。
それだけみじかな国なのですが、
なかなか来ることが無かったのです。

海外旅行もほんと久しぶりです。

少し息抜きをしてきたいと思います。

九谷焼諸江屋http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-02-26 09:40  

金城楼で板橋の商店街の方々をおもてなしをしました

e0018428_2255438.jpg

去年の末、東京の板橋に
金沢商店街連盟の視察で
お伺いしたお返しに
板橋の商店街幹部の方が
金沢にこられました。

本来なら片町の小間井理事長が
行ってお話しをするのが普通ですが
板橋へ随行したということで
宴に出させて頂きました。

金城楼は浅ノ川の近くに
建つ老舗の料亭です。

ひな祭りの前ということもあって
玄関の脇にはお雛様が飾られていました。

若女将や女将が宴にご挨拶いただきました。

雪があればもっと冬の金沢らしい
おもてなしができたのかも知れませんが
暖かい冬ですがこられた方々が
満足していただいたのではないかと思いまた。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-02-24 22:57  

第二回片町まつりがおこなわれました

e0018428_2221973.jpg
今日は第二回片町まつりが
香林坊のエクセル東急で行われました。

片町まつりは夜の片町の活性化を
図るため作られた祭りで
片町のエルビル(寿会館)の梅村社長
の音頭で作られました。

夜の片町の店々のママなども多く
出てきて華やかな会にでした。

山岸副知事や森副市長などのご来賓の挨拶のあと
来賓の方々の鏡割りではじまりました。

岩城 滉一さんやデビ夫人なども片町の
応援団としてこられていました。

にしの茶屋街の芸妓の踊りや
加賀漫才が舞台の上で演じられました。

この景気が悪い時期にもかかわらず
多くのお客様に来ていただいて、
片町の底力を強く感じます。

多くの人々に支えられてこれからも愛される
片町になればいいと思いました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-02-23 22:02  

青郊窯の時代盃揃が「魅力ある日本のおみやげコンテスト2009」で匠部門銅賞と韓国賞を受賞しました

e0018428_17533873.jpg
当店でも長い間にわたってコンスタントに
良く売れる「九谷焼 時代盃揃 青郊作」が
このたび観光庁の
外国人観光客の視点から選ぶ
「魅力ある日本のおみやげコンテスト2009」で
匠部門銅賞と韓国賞を取りました。

「JAPANESE SHOT GLASS」として
エントリーしていていかにも格好良いです。

時代盃揃は九谷焼が最初に出来た古九谷から
木米、吉田屋、飯田屋、庄三、永楽というふうに、
九谷焼の窯が出来ては無くなった歴史の
その時代ごとに有名なデザインを集めて
木箱に入れて盃揃にしてあります。

最近は先日も紹介したUSBメモリーを作ったりして、
新しい挑戦を続けている青郊窯でも
間違いなこのく時代盃揃は
ロングセラーですと言っていました。

何十年も新商品を作っていてこれを上回る商品が
出来ていないのは問題かも知れませんが、
これがあれば回っていくというものが
あることはとてもありがたいことだとおもいます。

1組¥2,835(税込)で売っています。
外国へのおみやげにも使ってください。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-02-22 17:57  

岡田絹代さんの絵本のような丸小皿ができました

e0018428_2157269.jpg

当店には続々と新製品が入荷していますが、
今回面白いと思ったのは
岡田絹代さんの丸小皿です。

絵本を思わせるようなタッチの絵で
とても楽しくなります。

20種類ぐらいあり、
5枚組のセット売りするのではなく
一枚一枚好きなデザインを
取っていただくことにしました。

好きな絵の組み合わせで自分の好きな
絵本が作れるというような感覚です。

そんな楽しい小皿は1枚800円から1080円まで
絵柄によって色々あります。

これで自分の好きな物語を作って下さい。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-02-21 21:58  

割烹「いけ森」にいってきました

e0018428_2031549.jpg

昨日、友達の誘いがあり
なんか良いとこないといわれたので、
割烹「いけ森」を予約して行ってきました。

入口のいけ森と書かれた白い暖簾をくぐって
扉を開けるとちょっとした廊下になっていて、
中扉があります。

それをあけると一枚板のカウンターがあり
10人ぐらい座れます。

奥には4人ぐらいの小部屋が二つあり、
つなげれば10ぐらい座れます。

ありがたいことに掘り座敷なので足も下ろせます。

突き出しからお造りの刺身までとてもおいしいです。

最後にご飯を頼むと、陶器の釜をじかに持ってきてくれます。
そこから熱々の鯛めしが出てきて、
とてもおいしくいただきました。

デザートもでてきて皆、大満足です。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-02-20 19:57  

雑誌「金澤」に載りました

e0018428_17541061.jpg

明日、2月20日発売の雑誌「金澤」の
誕生日のコーナーに取り上げられました。

表紙は話題の壇れいさんです。

「金澤」は金沢の商業誌で良く売れている
雑誌クラビズムの姉妹誌で
もう一つ上質を目指して発行しています。

店の取材は何回か受けたことがありますが
自分自身というのはなかなか無くて
何を話せばいいのやらと思いながら
先日取材を受けていました。

雑誌の中には人気の料理店の紹介もあります。

写真のレベルも高くとてもおいしそうに写っています。

是非買って見てください。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-02-19 17:54  

おいしいフランス・ベルギー料理の店ル・マルカッサンにいってきました

e0018428_201797.jpg

金沢の駅西にあるビーンズといわれる
明文堂書店のすぐ横にある
おいしいフランス・ベルギー料理の店
ル・マルカッサンにいってきました。

店の名前は猪の子を意味するらしく
店の入り口の店名のと所にも猪の
マークがついいました。

店に入ると美人のおかみさんがサーブしてくれます。

前菜にブリュレなどが出てきますが
とてもおいしいと思ったのはスープです。

メインでも特に野菜がおいしいのです。
聞いてみると実家の畑でこだわって無農薬で
作っていただいているということで
おいしさも納得できます。

芽キャベツはベルギー原産ということで
ベルギー料理の店としてはこの食材に
こだわっているようでした。

最初から最後までおいしくいただました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-02-18 20:18