<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

金沢まちかど音楽祭が行われています

e0018428_11302086.jpg

今日は金沢の中では、金沢まちかど音楽祭が
行われています。

九谷焼諸江屋のすぐ横のプレーゴでも
10:30からライブがはじまっています。

そのほか柿木畠のポケットパークや、
香林坊のアトリオステージ、石川近代文学館の前庭
広坂緑地の特設ステージでも開催されています。

フォーク、ロック、ジャズ、アカペラなどほとんどの
音楽ジャンルから50組が街中の音楽祭に
集いました。

各会場ともに6時まで行われます。

朝早くにもかかわらず音楽好きの方は
結構いるのですね。

プレーゴでは広場の中の椅子のほか、
周りの飲食店のカフェアルコやぶどうの木で
お茶を楽しみながら聞いている方が
いらっしゃいました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2007-04-30 11:41  

春の舞ひろさか2007が今日も行われます

e0018428_11495247.jpg

実は昨日からはじまっていたのですが、
春の舞ひろさか2007が今日も行われます。

昨日は、広坂通りを歩行者天国にして
YOSAKOIソーランなどの催しが行われました。

今日も金沢城と旧県庁の間の通りを
10:00から18:00まで歩行者天国にして
イベントが行われます。

金沢ストリートダンス選手権も行われます。
飲食の屋台もいっぱい出ています。

広坂緑地では花の苗の無料配布も
29日の12:45からと30日13:00から
先着300名の方に行われます。

ゴールデンウイークのはじまりです、
春の舞で金沢の街中もにぎやかに
なっています。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2007-04-29 11:50  

香林坊地蔵の遷座法要が行われました

e0018428_1252372.jpg

今朝、金沢の中心街香林坊の名前の由来
になった香林坊地蔵の遷座法要が行われました。

香林坊大和百貨店やグッヂなどがあるアトリオの前の
歩道沿いに立派な銅ブキのお堂が出来ています。

朝少し雨が降ったため、アトリオの中で
法要が行われました。

笛の音がするなと思っていたら、
エスカレーターで僧侶の方が降りてきて、
式典が始まりました。

香林坊の地名は、鞍月用水にかかる橋の
たもとあった薬商の向田家に比叡山の僧、
香林坊が養子に入り、家が隆盛したことから
香林坊家と家名も代えて、それが地名になったそうです。

その頃に地蔵を祀り、大火の時に地蔵の手前で
火が止まったため、火除地蔵とも呼ばれています。

江戸時代のはじめの頃から金沢の中心を
見守ってきた香林坊の地蔵にが香林坊の地に
戻って来たことによってますます金沢の中心街が
賑わうように期待したいと思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2007-04-28 12:53  

みのもんたの朝ズバに石川県知事が出ていました

e0018428_12351190.jpg
今朝、みのもんたの朝ズバを見ていると、
なんか見たことのある人が出ていました。

石川県知事の谷本さんです。
普通にはない取り合わせです。

宮崎県知事の東国原さんなら
テレビに良く出ているけど、
石川県知事がどうしてと思ったら、
能登半島地震の復旧もめどが立った
ことを話していました。

能登への幹線である能登有料道路も
今日全面開通しましたので、
以前と同じように行き来できるようになりました。

まだまだ、公民館などに暮らす方や、
家が傾いた方もいらっしゃいますが、
だんだんよくなっていくのは
とても明るいニュースだと思います。

谷本石川県知事も頑張っているのだなと感じました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2007-04-27 12:35  

金沢社会保険病院に定期健診に行ってきました

e0018428_12482194.jpg

今朝早く起きて、金沢社会保険病院に
定期健診に行ってきました。

金沢駅から少し浅の川沿いの道を下って橋を渡り、
大型レジャー施設ルネス金沢のすぐ近くにあります。
定期健診だけでなく外来もあるようで結構大きな病院です。

社会保険に入っていると受けられるので
去年は行かなかったけど大体毎年行っています。

視力や聴力の検査や血液、便、尿の検査
そしてレントゲンなどを受けます。
一番嫌なのはバリュームです。
始めに粉を飲んで、白いバリュームを飲むのですが、
ゲップは我慢してくださいといわれるけど
必ず一歩歩いたくらいでゲッフが出てしまいます。
その後も口が白くなり、便の調子も悪くなります。

だんだん健康が気になる世代ですから
心配ですが、結果は二三週間後に送られてきます。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2007-04-26 12:49  

金沢商工会議所の「いーじーくーぽん」のサービスがはじまりました

e0018428_113417.jpg

今日4月25日から金沢商工会議所から
新しいクーポン「いーじーくーぽん」のサービスが
はじまりました。

このサービスは本来、会員企業の従業員を対象に、
クーポン券を使ったサービスですが、会員のみ
のサービスの他に、一般の人が持っているだけで
サービスも受けられます。

ネーミングも金沢の方言(いいねえ)=「いーじー」と
英語の簡単な=「イージー」をかけてつくられています。
金沢弁の「いーじー」は「じ」の部分をゆっくり強く言います。

名前の付け方もいーじーな感じですが、
全国の商工会議所でもはじめての試みだそうです。

九谷焼諸江屋もこの「いーじーくーぽん」に参加していて、
このクーポンを提示すると、3,000円以上お買い上げの方に
粗品(九谷焼の盃か小皿)を差し上げます。

年1回写真のリーフレットを発行し、ホームページ、や
携帯サイトでもクーポン手に入れられます。

金沢に来られる時に使うと思わぬ特典があるかもしれません。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com/
[PR]

by moroeya | 2007-04-25 11:05  

金沢経済新聞に九谷焼諸江屋の展示会「北出不二雄一門展」が掲載されました

e0018428_12455914.jpg

九谷焼諸江屋が5月の連休に行う展示会
「北出不二雄一門展」のことが、
先日立ち上がった金沢経済新聞に掲載されました。
http://kanazawa.keizai.biz/headline/40/index.html

取材は前にされたのですが、掲載されたのは高松へ
視察行っている時で、帰ってきたらもう掲載されてました。

金沢経済新聞は普通の紙の新聞ではなく、
インターネット上の新聞です。

渋谷や六本木からはじまったらしいのですが
金沢のアクセスも多く、金沢の地元でしかない情報を
知りたい人は多いのだと思います。

当店の展示会「北出不二雄一門展」には、
トークショーもあり、普通の陶芸だけの
展示会ではないところが、記事になったのかも知れません。

期間は5月3日(木)~8日(火)です。
トークショーは5月6日午後2時よりです。
多くの方が来ていたたげればありがたいのですが。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2007-04-24 12:50  

金沢老舗記念館で五月人形の展示会を行っています

e0018428_18105466.jpg

昨日は金沢でも統一地方選挙の後半でした。

片町地区の投票所のある長町公民館は
旧長町小学校の隣にあります。

長町小学校がなくなって、松ヶ枝小学校と
長土塀小学校とが統合されて中央小学校になりました。

長町小学校の跡地には長町研修館と金沢老舗記念館が
建っています。

香林坊と武蔵が辻の間の南町にあった
混元丹で有名な薬店「中屋」の店を移築した
建物が金沢老舗記念館です。

選挙を済ませた後、その老舗記念館の前を
通ると、五月人形の展示を行っていることを思い出しました。

玄関を覗いてみると、館長さんが中へどうぞ
というので、端午の飾りを見せていただきました。

三時半までだったらお茶席もあったそうで、
結構多くの方で盛況だったそうです。

1階の座敷に老舗料亭のつば甚さんの五月人形や
加賀鶴で有名なやちや酒造さんの御所人形などが
並んでいました。

お茶席は昨日限りですが、
五月人形の展示は4月いっぱいされるようで、
金沢の立派な人形や甲冑などが見ることが出来ます。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2007-04-23 18:12  

人間国宝三代徳田八十吉のサントリーウイスキー響35年「耀彩瓶 碧陽」ができました

e0018428_112973.jpg

昨日の北国新聞にサントリーのウイスキー
「響35年」の新作100万円ボトルのが載っていました。

中身はサントリーの高級ウイスキー響ですが、
瓶はなんと九谷焼の人間国宝徳田八十吉先生の
「耀彩瓶 碧陽」です。

徳田先生独特の深い紺色で、首のところに
黄色や水色などの色が流されています。

最近の作品によく見られる、縦のすじ=稜があり、
器としても美しく仕上がっています。

限定150本ということですが、やはり
100万円というのはなかなか手が出ないですね。

呑んだ後の器だけでもそれぐらいの価値は、
ありそうですが・・・・・

人間国宝三代徳田八十吉の器は、
誰が見ても八十吉だとわかる。
一見するだけで説明がいりません。
これこそブランドなのですね。

自分の世界を持っている、そして人がよくわかる
そんな作家はなかなかいません。

詳しくはサントリーhttp://www.suntory.co.jp/whisky/tokuda/


金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com/
[PR]

by moroeya | 2007-04-22 11:30  

視察旅行の最後に京都に寄りました

e0018428_1720498.jpg

視察旅行の最後に京都に寄りました。

知り合いの人の勧めで、鹿ヶ谷通を曲がり
山の上の方に入って行くと、細い道の先に
「鹿ヶ谷山荘」がありました。

石段を登っていくと古民家を改装した店で、
入口のカウンターのところから京都の街並を
眺めることができようになっています。

昼のお弁当の後、月見台と呼ばれる
屋根の上の桟敷に上がると
もう桜は散っていましたが、青紅葉越しに
街並みが見えてとても良い景色でした。

その後、哲学の道を通り、銀閣寺へ行きました。
久しぶりでしたが、参道におみやげ屋さんが
数多く並んでいました。清水寺へ行く参道のような
雰囲気でした。

それでも銀閣寺の中は変わらず侘びの世界でした。
外国の観光客も多く、向月台や銀沙灘の所で
写真を撮っていました。
借景にしている山の方から写真を撮ってみました。

京都はどこへ行っても人が多く、にぎやかでした。
哲学の道の脇を流れる疎水もごみ一つ落ちてなく、
京都の人が街を大切にしていることがよくわかります。

ほとんどの桜は散っていましたが、八重桜や
一部疎水のところにも桜が残っていて
とても綺麗でした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2007-04-21 17:31