<   2006年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

片町プレーゴでシャンパンパーティーがおこなわれました

e0018428_114345100.jpg
昨日の金沢カクテルコンペティションの後、
片町商店街主催のシャンパンパーティーが
プレーゴでおこなわれました。

若い方が多くこられていました。

歯医者でもある溝口先生のほか、
三人でジャズを軽快に弾いていただいて、

おいしいシャンパンもあってとても楽しい会となりました。

結構皆様食欲もあり、出す料理出す料理が
すぐに無くなり、遅れて来ていただいた方には
大変ご迷惑をかけました。

その後料理を追加して、楽しく盛り上がりました。

こられたお客様にも、また来たいと好評でした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com/
[PR]

by moroeya | 2006-09-30 11:44  

片町のプレーゴで「金沢ブランドのカクテル」のコンペティションがおこなわれました

e0018428_163251.jpg
昨晩、片町のプレーゴで
日本バーテンダー協会の石川支部が
金沢ナンバーを記念して三種類の
「金沢ブランドのカクテル」のコンペティション
をおこないました。

カクテルにはテーマが決まっていて
「マナーリング」「伝統」「創造」のテーマ
で競われました。

  テーマ   ・・・  受賞作
「マナーリング」・・・「マナーリング金沢」
「伝統」     ・・・「望郷」
「創造」     ・・・「Re,KANAZAWA」です。

一つ目のテーマの「マナーリング」は
金沢ナンバーを導入を契機に
車の運転マナーやさまざまなマナーを
良くしましょうと言う運動からはじまったものです。
抹茶のグリーンをベースにグラスの渕に金箔を付け
上から見るとそのものずばりマナーリングに見える
「マナーリング金沢」というカクテルです。

二つ目は、「望郷」でテーマの「伝統」を意識してか
これも抹茶の緑が鮮やかなものでした。

三つ目は「Re,KANAZAWA」はテーマの創造
そのものでピンク色で落雁、小豆などを用いた
新しい「食感」のカクテルです。

10月10日から金沢のバーテンダー協会所属の
お店でも呑むことが出来ます。

プレーゴ来場者には候補作品全15種類のカクテルも
少しづづですが試飲できて、
審査員とは別にこれはおいしいとかこれは変わっているなどと
言って楽しみました。

少しづつでしたがカクテルを試飲して少し酔っ払いました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com/
[PR]

by moroeya | 2006-09-29 15:56  

久しぶりに古九谷窯跡へ行ってみました

e0018428_1352457.jpg

九谷焼の源流である九谷村は、白山の麓
加賀の温泉の一つである山中温泉から
車で30分ぐらい山奥へ登ったところにあります。

久しぶりに古九谷窯跡へ行ってみました。

橋を渡り、新しい道から細い道へ入り、
砂利の道の前に古九谷窯跡の碑はあります。

なんの案内看板もないので、初めての人には
到底たどり着けません。

といっても今では山の斜面に碑と説明文があるだけです。
それに古九谷の二つあったといわれる窯の立て札と
吉田屋窯の立て札がありました。

でもこの下には崩れてしまった窯跡が埋まっていまる
九谷焼の聖地です。

少し手前には有田へ行き、磁器製作の技術を会得してきた、
九谷焼の祖、後藤才次郎の碑もありました。
なにも持たずに来ましたが野の花を摘んで供えて来ました。

どちらも人知れない場所にあり、少し寂しい気がしました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2006-09-28 13:07  

安倍晋三さんが総理大臣になりました

e0018428_045999.jpg

ついに安倍晋三さんが総理大臣になりましたね。

早速組閣をして、予想通りの人もいましたが
それは誰という人も大臣になりました。

論功行賞な人事という評判ですが、
世代が若返ったことだけは確かです。

戦国時代にたとえると
壊す信長=小泉に作る家康=安倍という形に
なるのかもしれません。

出来ているシステムを壊すのにもエネルギーが
いりますが、作るにも非常に力がいります。

その意味で、百年の計とは言いませんが、
10年でも20年でも耐えられるシステムつくりが
期待されます。

人気の高い安倍総理ですから、
頑張ってもらいたいものです。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2006-09-27 00:06  

10月5日(木)~10日(火)「河原畑伽兆(かわはらばた かちょう)作陶展」を九谷焼諸江屋で開催します

e0018428_10281760.jpg

九谷焼諸江屋では二階のギャラリーで
久しぶりに個展を開催します。

10月5日(木)~10日(火)
「河原畑伽兆(かわはらばた かちょう)作陶展」
を開催します。

河原畑さんは大分で窯を築き、全国で個展を
開催して人気を博している作家さんです。

伊賀の土を使い穴窯で釉薬を使わず、
薪の灰だけで焼き上げています。

お茶道具になる茶碗や菓子鉢などのほか、
普段でも使える銘々皿や盃などの食器
を中心に大壷なども出品される予定です。

器地が焼きあがった後、絵を描くことが
持ち味の九谷焼とは違い、
形を作り、窯に入れると、後は
炎まかせの焼物は、
偶然性が強いですが、思いもせず
良いものが出来たりします。

それでも陶芸家はプロですから、
経験とカンで薪をくべ炎の色を見て
作品を作っています。

釉薬がとてもよくかかった時の喜びは
格別と思います。

河原畑さんの展示会を見に来てください。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com/
[PR]

by moroeya | 2006-09-26 10:29  

10月に金沢21世紀美術館でおこなわれるファッションウィーク「かなざわごのみ」の出品作を作成中です

e0018428_11263298.jpg

10月に金沢21世紀美術館でおこなわれる
ファッションウィーク「かなざわごのみ」の
イベントの為、伝統工芸にかかわる組合で
出品する作品を制作中です。

目玉は金沢美術工芸大学の学生
とコラボレーションして作成することです。

金沢九谷振興協同組合では、
美大生の中島あゆみさんと林愛子さんの
考えたデザイン画を基に作り手の木越勲(きごしいさお)
先生に作って頂きました。

その後、彼女達を交えて会議をして、改良型のデザイン
を作るとともに、彼女達も木越先生の工房で
実際に土をこね作成していただきました。

改良型も出来上がった先日の会議で
新聞社の方がこられて記事になりました。

中島あゆみさんは筆立てを紙のように薄く作り
くるくると回すことにより筆が面白く立つように
デザインしましたが、改良型では斜めに切って
中に行くにしたがって高くすることにより、
高い筆も短い筆も立つようにしました。

林愛子さんは本をひろげた時ページがめくれないように
ページに置く「ページウエート」を考えました。
本にはさむしおりがあったり、紙を押さえるペーパーウエートは
今までありましたが、そのページを見たい時使う
ページウエートの発想は斬新です。
改良型では大きさを変えたり形も変えたりしてあります。

そのほか、組合員もデザインにしたがって
色々な「筆立」や「ページウエート」を作成しています。

10月11日~15日まで21世紀美術館で
開催していますから見に来てください。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com/
[PR]

by moroeya | 2006-09-25 11:27  

「片町メモリアルフォト募集」のイベントがおこなわれています

e0018428_10285366.jpg

片町商店街でおこなわれている
「片町メモリアルフォト募集」のイベントが
昨日、今日とおこなわれています。

場所は、当店の一軒隣のプレーゴのすぐ脇です。

片町の風景を撮影していただく為に、
デジカメを貸出しいます。
もちろん自分のカメラで撮ったものでもいいのです。

若いカップルや子供連れの方も
面白がってデジカメで撮影していました。

来街されるお客様の目的は、お買い物だったり
お食事をすることでしょうが、
思いがけない人にあったり、ミニコンサートがあったり
街に行かないと味わえない楽しみがあります。

その楽しかった思い出を写真で切り取り、
そして街に貼り付けるとても面白い企画だと思います。

現在の片町の写真だけでなく、昔の片町の風景だったり
片町で買った忘れられないおもちゃの写真だったり、
一言添えていただいて、募集しています。

昨日も撮った写真をパソコンに移しているのを覗いている
子供も何かしら楽しそうでした。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com/
[PR]

by moroeya | 2006-09-24 10:29  

「金沢城・兼六園大茶会」に色絵の堀川十喜さんの菓子鉢が使われます

e0018428_10473629.jpg

今日と明日、金沢では金沢城と兼六園を
会場にした「金沢城・兼六園大茶会」が開かれます。

大茶会に使われる道具は、人間国宝などの大先生
のもののほか、もちろんお茶道具を専門に作っていられる
方のものが大半ですが、
公募されたものも使われます。

今年の公募には、金沢九谷振興協同組合の事業
「色絵塾」の第一期生である堀川十喜(ほりかわ とき)
さんが選ばれ、財団法人石川県美術文化協会理事長賞
をとりました。

堀川さんは色絵塾で大体の色絵の技を習得した後、
九谷焼の赤絵で一人者の福島武山(ふくしま ぶざん)先生
に教えを請い、赤絵を描き続けています。

今回の赤絵の菊文鉢もネジリの入ったきれいな形の鉢に
細かく赤絵の小紋が描かれています。

堀川さんのこの鉢はお茶会では、中村記念美術館のある
旧中村邸で菓子鉢として使われるようです。

どんな道具と取り合わせて使われるのかとても楽しみです。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com/
[PR]

by moroeya | 2006-09-23 10:48  

片町プレーゴで9月28日(木)夜18:30からシャンパンパーティーを開催します

e0018428_1022451.jpg

片町商店街では、9月28日(木)に
片町プレーゴで夜18:30から
シャンパンパーティーを開催します。

片町の会員でもあり、ピアニストの溝口尚(みぞぐち たかし)さん
のスペシャルジャズセッションもおこなわれます。

溝口先生は、実は歯科医で私もいつもお世話になっています。
笑気ガスによる痛くない治療方法など新しい治療されています。

ピアノもホテル日航金沢のスカイラウンジでも週末
ジャズピアノの演奏をしているプロなのです。

しゃれた場所でおいしいシャンパンに、おいしい料理
そしてスペシャル演奏がついて¥2,000です。

これはお徳と思います。
女性の方にはプチプレゼントもあるようです。

楽しいパーティーにお誘いあわせてきてください。

詳しくは片町商店街 http://www.e-katamachi.com/party/

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com/
[PR]

by moroeya | 2006-09-22 10:23  

金沢21世紀美術館でおこなわれている「川崎和男展」を見てきました

e0018428_11301039.jpg

金沢21世紀美術館でおこなわれている、
「川崎和男展」を見てきました。

いきなり、デスプレーがいっぱい並んでる部屋
があり、さすが現代美術と感心し、
その次の部屋には、
医療用の器具のデザインされたものが
並んでいます。
その後もパソコンや文房具もデザインしたのですね。
形の斬新さはもちろんのこと色もとてもきれいで、
いい感じです。

めがねの部屋もあり、手にとってめがねをかけてみたくなりました。

色々なモノのデザインをしているのですね。
使うということに力点があるデザインの
すばらしさを感じました。

この日も小学生が美術館に来ていました。
先生に話しを聞いた後、思い思いに見て歩いていました。

小学生にもなんかワクワク楽しいと思わせていることが
この21世紀美術館の人気の秘密なんだとおもいました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com/
[PR]

by moroeya | 2006-09-21 11:30