2008年 09月 15日 ( 1 )

 

尾山神社の前の用水が開渠されました

e0018428_1944134.jpg
当店から歩いて5分ほどのところにある
尾山神社は加賀藩の藩祖 前田利家を祀っています。

尾山神社の正面は石段になっていて、
坂の上にはステンドグラスがはめ込まれた
シンボルの神門がたっています。

石段の下の部分には、昔は用水が流れていました。
このたびその道で覆われていた用水の部分を
明けて開渠にしました。

開渠になった石作りの横には、辰巳用水の説明も
されています。

この用水は確かに金沢城、兼六園をとおり
香林坊で分流していますから辰巳用水でしょうが、
金沢城の内堀として作られた西外惣構堀の遺構
といってもいいのだと思います。

江戸時代の金沢は網目のように用水が
張り巡らされていたのだと思います。
現在とは違ってそれが物流を
支えていたという側面もあります。
それが自動車の交通が発展して、
用水に蓋をして暗渠にしてきました。

時代が変わり、再び開渠にされた用水の流れを見ていると
やはり落ち着いていいものだとと思いました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2008-09-15 19:44