岩田安弘さんの燿彩天目茶碗

e0018428_17375212.jpg
国宝の「曜変天目茶碗」を見たかったのは、
当店にも燿彩天目茶碗があるからです。

曜変天目茶碗は中国の宋の時代に
作られましたが、
日本に渡ってきた国宝の「曜変天目茶碗」三点と
MIHO美術館にあるものを含めて4点
日本にあるだけで、世界にもありません。

宋の時代から2000年もの間、
この曜変天目指して茶碗を作ってきた人は多いでしょうが
誰もがなしえなかったのです。

ところが近年、美濃の岩田安弘さんが
ほぼ同じような星と呼ばれる青い環をもつ
茶碗を作りました。

当店にある岩田さんの燿彩天目と
国宝の曜変天目を比べて見たかった
というのが、実際のところです。

見てみると国宝のほうはあまり輝いて
いないかんじでした。
当店のものは星が多く光輝いています。

2000年の歴史の差を感じました。

ほかの曜変天目茶碗も見て見たいものです。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2008-09-26 17:38  

<< 大阪・湯木美術館に行ってきました。 藤田美術館の国宝「曜変天目茶碗... >>