高聡文さんは期待の若手九谷焼作家の一人です。

e0018428_1253617.jpg

九谷焼の若手の作家で、色絵を描き
センスが良いなと思うのは高聡文さんです。

九谷の場合、花や鳥などいわゆる花鳥を
描くことが多いのですが、
高聡文さんはの絵は、どことなくかわいくて、
やさしい感じです。

代々の九谷焼作家で、名工初代の光涯の孫
になります。
武腰潤先生に師事して色絵を描いているので
白い生地に生き生きと絵を描くのが持ち味です。

写真の湯呑も川蝉と雀がかわいく描かれています。
周りの小紋も今までの伝統の小紋ではなく、
パステル調でなかなかしゃれています。

最近は雀を描くことが多いのか、五枚組の銘々皿に
雀の絵変で色々な姿の雀を描いているものもあります。

期待の若手の一人です。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2007-05-28 12:53  

<< 前田土佐守家資料館で「芳春院と... 石川近代文学館で「井上靖と青春... >>