金沢の古地図を見ると金沢城を中心の城郭都市だということがよくわかります。

e0018428_1132507.jpg

先日地元の北国新聞に、金沢の古地図が載っていました。

日本の地図は、伊能忠敬が有名ですが、加賀藩の地図も
現在残っているお城やお屋敷などの位置をGPSで
検証したところほぼ同じ精度だったそうです。

この地図で現在の当店のある場所に印をして見ました。
その頃は当然、そこには店はなかったのですが
現在の道などわかる所がありちょっとうれしい感じです。

お城のにはお堀が薄く描かれています。
その周りを囲むように用水が流れていて、
ここも二重三重のお堀の役目になっています。

お城の周りには大きなお土地に家老など武家屋敷があり、
遠くになるにしたがって小さなお屋敷になっています。

延宝年間(17世紀ごろ)ですからまだ兼六園もなかった
のですね。

こう見るとやはり、お城を中心の城郭都市だということが
よくわかります。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 
[PR]

by moroeya | 2006-04-02 11:33  

<< 「失礼ながら、その売り方ではモ... 九谷焼諸江屋が家庭画報5月号に... >>