神戸の博物館で「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」を見てきました

e0018428_19364326.jpg

先日神戸の博物館で「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」
を見てきました。

葛飾北斎といえばやはり一番最初に思い浮かぶのは
赤富士や神奈川沖浪裏で知られる富嶽三十六景の連作です。

もちろん版画ですが、ボストン美術館所蔵のものは
あまり公開していないせいか、もともと上出来のものを
収集したのかわかりませんが色がとても鮮やかでした。

北斎版画の見どころは高価なラピスラズリといわれる鉱物の
群青をふんだんに使った空や海の色です。

その色が本当に素晴らしい群青色でした。

ボストン美術館には北斎の若い時から晩年の作まで
幅広く収集されていて本当に素晴らしいと思いました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2014-05-15 19:37  

<< 菊池寛実記念 智美術館で 「藤... 昨日まち飲みラウンドに早速出か... >>