加賀市美術館で行われている「福永幾夫作陶30周年記念展」を見てきました

e0018428_21473719.jpg
今日は加賀温泉駅前にある加賀市美術館で
行われている「福永幾夫作陶30周年記念展」
を見てきました。

入口を入ると福永先生が得意の
九谷焼色絵細描の作品が並んでいます。

ホント細かく描かれています。
常識では考えられませんが
5回以上も窯に入れるそうです。
普通はおきるといわれる剥離がでて
作品にはならないのですが、
福永さんの場合はそうやって
細かく色絵を描いていくのだそうです。

展示会では真ん中のショーケースには
小さい盃などが並べられていましたが、
その中にまだ釉薬を塗っていない
黒い呉須だけを描いた途中の作品もありました。
それだけでもとても細かく、
先生に色のイメージはできているのと聞くと
大体できているとのことでした。

この細かい呉須の骨書に色を乗せていく
気の遠くなるような仕事だと改めて思いました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2013-02-07 21:49  

<< 湯木美術館で「江戸時代の千家の... 東洋陶磁器美術館で「人間国宝 ... >>