赤絵細描の「米久和彦作陶展」を見てきました

e0018428_21552211.jpg
今日は香林坊大和百貨店で行われている
赤絵細描の「米久和彦作陶展」を見てきました。

米久さんは福島武山先生の御弟子さんで
会場でも絵付け台を持ち込んで
壺の絵付けをしていました。

赤絵の細描は九谷独特ではないのでしょうが
九谷焼が際立って細かく美しく描きます。

米久さんは小紋も絵もとても上手です。
形も他にはないものが多くいい感じです。

写真の高香炉やポプリ入れ、香水瓶などが
ふっくらとした丸い形に足がついていて
摘みも長く大きく摘みやすくなっています。

赤絵の他金襴手や緑釉の細描のものもあり
とても楽しめます。

明日1月8日(火)までです。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2013-01-07 21:55  

<< 片町ラウンドコンパの記事が北國... 表のウィンドウをお雛さまを並べました >>