中村記念美術館で行われている「春季展 名碗の見所」をようやく見てきました

e0018428_1663998.jpg
中村記念美術館で行われている
「春季展 名碗の見所」をようやく見てきました。

3月からの展示会で行こう行こうと思っていましたが、
なかなか時間が無くもう会期末なので
思い切って行ってきました。

名碗の見所のところでは
二代目開発文七先生の碗が五つぐらい並んでいました。
以前当店でも展示会をしていただいた文七先生ですが
なかなか名工だとあらためて思いました。

そして黒織部や斗々や茶碗に楽茶碗などが並べてあります。

残念なのは名碗の見所という名の展示会ですから
茶碗の名前などのキャプションのほか
どこが名碗なのかもう少し解説がほしいと思いました。

また手に持たすことが出来ないのですから、
裏の高台の部分も見えるようにすることも
してほしいと思いました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
[PR]

by moroeya | 2009-05-28 16:06  

<< 「慶次郎物語 序章編 金澤にて... 和倉温泉の加賀屋に来ています >>