人気ブログランキング |

加登 明雄 作陶展を開催します

加登 明雄 作陶展を開催します_e0018428_09404469.jpg
9月18日(金)~27日(日)に加登明雄先生の作陶展を
開催いたします。(9月23日(水)はお休みさせていただきます)

九谷焼の細かい絵付細描の技術を遺憾なく使い
青唐草、青海波、小紋などがとてもきれいな
加登明雄先生の作品をご覧頂ければと思い企画させていただきました。

コロナ禍で思うように遠出もままならない状況ですが、
長年展示会をお願いしておりました加登明雄先生の
九谷焼らしい作品を是非ご覧になりにご来店ください。

ちなみに先生の名前の読み方は「かどあきお」「かとあきお」ではなく
「かとうあきお」です。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com

# by moroeya | 2020-09-10 10:02 | 金沢  

5月16日(土)からは通常営業します

自粛緩和を受けて5月16日(土)からは通常営業します。
しかし工事の為5月19日(火)、20日(水)は
連休させて頂きます。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com



# by moroeya | 2020-05-16 17:20  

土日は営業します

連休のお知らせ
当店は4月20日(月)~5月8日(金)まで
連休させて頂きます。
5月9日(土)、10日(日)、16日(土)、
17日(日)と土日は営業します。
又のご来店を心からお待ちしております。
尚留守番はいますので御用の方は電話してください。
TEL076-263-7331

# by moroeya | 2020-05-07 09:48  

地下の掘り出し物 Ⅶ

地下の掘り出し物 Ⅶ

今日の掘り出し物はマグカップです。
それだけでは普通ですが、それがなかなかユニークなのです。
地下の掘り出し物 Ⅶ_e0018428_16062069.jpg












なんか虫のような不思議な形でしょう。

森川清志さんのマグカップです。
一見は織部なので瀬戸か美濃焼と思いますが、
有田焼なのです。

形も変わっているが有田で織部を作るという
感覚も変わっています。

しかし使ってみたくなるマグです。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com TEL076-263-7331

# by moroeya | 2020-05-06 16:11  

地下の掘り出し物 Ⅵ

地下の掘り出し物 Ⅵ

これも今時はご家庭ではあまり使われていないものです。
灰皿ではありません。さてなんでしょう?
地下の掘り出し物 Ⅵ_e0018428_17434930.jpg





















答えは茶こぼしです。
そもそも最近は急須でお茶を入れることが無くなっている
かも知れませんから、見たのが初めてという方もいらっしゃるでしょう。

旅館などへ行くと仲居さんが急須でお茶をいれてくれて、
二煎目などを入れる時に余っているお茶や急須に残った茶葉を
捨てるためのものです。

急須でいれたおいしい煎茶を飲みたくなりますね。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com TEL076-263-7331

# by moroeya | 2020-05-05 17:47  

地下の掘り出し物 Ⅴ

地下の掘り出し物 Ⅴ

本当に地下の売場には色々なものがあります。
一見なにかわからないものもあります。
これもその一つです。
さて何でしょう?
地下の掘り出し物 Ⅴ_e0018428_16291020.jpg


















答えは石です。
といっても焼物で石のようにしてあるのです。
何のためかというと、焼くためです。

居酒屋さんなんか行くと塩の上に焼いた石が置いてあり、
その上でホタルイカなどを自分で焼いて食べる時があります。

もちろん店によっては河原などで拾ってきた
天然の石ということもありますが、
それだとコンロで焼いていると割れてしまうこともあるのです。
その為、このような陶器で出来た焼き石を使うことがあります。

料理屋さんで今が旬のホタルイカを焼いて食べたらおいしいだろうなー

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com TEL076-263-7331

# by moroeya | 2020-05-04 16:31  

地下の掘り出し物 Ⅳ

地下の掘り出し物 Ⅳ

これ何に使うかわかりますか?
ガラス製です。
棒状のガラスがデグスの糸に結びつけられています。
地下の掘り出し物 Ⅳ_e0018428_14161873.jpg



















答えはギンスです。つまりガラスのすのこです。

ガラスの器にお刺身や素麺などの
水気のある食材を乗せる為の仕切りです。

夏の暑い時は氷など食材の下に置いて
涼しさを感じられるようにします。
その時使うのがこのギンスです。
氷が溶けても食材が水っぽく成らないようする工夫です。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com TEL076-263-7331

# by moroeya | 2020-05-03 14:19  

地下の掘り出し物 Ⅲ

地下の掘り出し物 Ⅲ

地下売場は九谷焼ではないので、
料理屋さんか地元の方しか下りない為
何回も当店に来られているお客様でも
その存在すら知らないという方もいらっしゃいます。

そこにはタイムスリップしたような品物も眠っています。

そこでこの機会に掘り出して紹介したいと思います。

コーヒーメーカーです。
ハリオ製のサイフォン式のコーヒーメーカーで
現在はコロナで手に入りにくい?工業用アルコールが必要です。

サイフォン式って不思議ですよね。
上に乗せているコーヒー粉の方にボコボコと沸騰した水が上がっていき
そして火を消すと下に降りてくるところは何回見ても
見飽きない気がします。

時代がかっていますが、おいしいコーヒーが飲めると思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com TEL076-263-7331

地下の掘り出し物 Ⅲ_e0018428_15525603.jpg



# by moroeya | 2020-05-02 15:54  

地下の掘り出し物 Ⅱ

地下の掘り出し物 Ⅱ
これなんだかわかりますか?
どのご家庭にも形や色は違っていても
必ずあるものです。
地下の掘り出し物 Ⅱ_e0018428_13191570.jpg

















答えは


インテリアプレートといっていますが、コンセントカバーです。
有田焼で作られたもので、御家庭のコンセントを覆ってるカバーを外すと
二つのネジ穴が開いていれば、このインテリアプレートに交換できます。

穴の形は三種類あって小さい一個の穴、二個の穴、連なっている三個の穴です。

価格は二種類で左上の染付の二種類が染付唐草文で¥2,550-(税抜)、
その他のものは¥3,150-(税抜)となります。

コンセントカバーを変えると壁の感じが全然違って見えると思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com TEL076-263-7331


# by moroeya | 2020-04-30 13:34  

掘り出し物シリーズ 石焼いも壷

地下の掘り出し物の続編です。
当店の地下売場には普通の食器屋にはなかなかない物があります。
休業をしているこの際ゆっくり発掘していこうと思います。

石焼芋壷です。
ガスコンロのあるご家庭で簡単に本格的な石焼芋が作れる壷です。
壷の中には小石もちゃんと入っていて遠赤外線効果もバッチリです。
約30分でおいしい焼き芋が楽しめます。

大きさは直径22cm高さ13cm重さ2.7㎏
価格は一個¥3,800(税抜)です。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com TEL076-263-7331

掘り出し物シリーズ 石焼いも壷_e0018428_16100604.jpg

# by moroeya | 2020-04-29 16:25  

掘り出し物の丸皿10選 ⑩

掘り出し物の丸皿10選 ⑩
ようやく10選の最後にやってきました。
書くとなると色々面白いですが結構時間がかかってしまいます。

銘々皿 吹墨海老桜です。
こちらも吹墨です。
海老に桜の花の組合せはなんか珍しく選びました。
今年はコロナのおかげで思うように桜を楽しめなかったと思いますので
器だけでも楽しんでください

皿の渕は少し立っていて周りには金彩を施してあります。

カチッとしていて有田焼らしい器です。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com TEL076-263-7331
掘り出し物の丸皿10選 ⑩_e0018428_15394542.jpg

# by moroeya | 2020-04-28 15:52  

掘り出し物の丸皿10選 ⑨

掘り出し物の丸皿10選 ⑨
取皿 黄瀬戸

当店のプライスカードに黄瀬戸と昔から書いてあるので
黄瀬戸としましたが、黄色ではなく緑色なので織部もしくは緑釉だと思います。

織部は人の名前で古田織部という茶人です。
千利休の後継者といわれ、漫画「へうげもの」でもしられています。
茶碗も丸ではなく轡(くつわ)型にしたりして、利休のかしこまった茶道から
のびのびとしたお茶へ変えていきました。
その織部の指導のもと瀬戸、美濃で緑の器が作られました。それが織部焼です。

この丸いお皿とは違い形が左右対称ではなかったり、ひしゃげている
というのが、織部の最大と特長です。
形がきれいな丸なので織部ではなく黄瀬戸といったのでしょうか?

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com TEL076-263-7331

掘り出し物の丸皿10選 ⑨_e0018428_15394558.jpg

# by moroeya | 2020-04-28 15:32  

掘り出し物の丸皿10選 ⑧

掘り出し物の丸皿10選 ⑧
取皿 染色絵双鹿文

瀬戸焼の色絵の皿です。
九谷焼にもありそうな染付に色絵の組合せで描いてあります。
二匹の鹿がほのぼのと歩いているようです。

中国の明の時代に出来た色絵磁器は
モノとしては早くから伝わっていましたが、
製造方法は秀吉の朝鮮出兵の時、
戦利品として多くの陶工を連れてきて
九州の有田で焼かれるようになりました。
それが九谷焼や瀬戸焼、京焼と各地に伝わっていきました。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com TEL076-263-7331
掘り出し物の丸皿10選 ⑧_e0018428_15394522.jpg

# by moroeya | 2020-04-28 15:06  

掘り出し物の丸皿10選 ⑦

掘り出し物の丸皿10選 ⑦
銘々皿 吹墨蟹文

多治見の名窯 蔵珍窯のお皿です。
蟹が真ん中に可愛く描いてあり、
少しだけ黄緑と黄色の色絵釉を飛ばしてあります。
渕は吹墨で締めてあります。

吹墨は昔は筆の先に呉須の青い釉薬を付け
口で吹いて作ったといわれています。
今はスプレーで噴霧して所が多いと思います。

大小の藍色が飛び散り良い景色になっています。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com TEL076-263-7331

掘り出し物の丸皿10選 ⑦_e0018428_15394566.jpg

# by moroeya | 2020-04-27 17:35  

掘り出し物の丸皿10選⑥

掘り出し物の丸皿10選 ⑥
5寸皿 青白磁渦文です。
掘り出し物の丸皿10選⑥_e0018428_15394605.jpg














画面では見にくいかもしれませんが、
青白磁の透明感のある薄青の釉薬が
中心をずらして段々に渦状になっています。

裏から見た写真が見やすいですが
高台が完全にずれています。

水面に小石を落とした波紋のように渦が広がっている様子です。
有田焼の型で作られたお皿です。

アンシンメトリーの無地の皿は珍しいので
使うとハット驚かれるかもしれません。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com TEL076-263-7331

# by moroeya | 2020-04-27 15:26  

掘り出し物の丸皿10選 ⑤

掘り出し物の丸皿10選 ⑤
銘々皿 土田育弘作 織部蟹文です。

先日も好きだといった織部です。
こちらは魯山人写しの皿になります。

北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん)は陶芸家というよりも
美食家で有名です。
漫画「美味しんぼ」海原雄山のモデルといわれています。
会員制の料理店「美食倶楽部」を立ち上げ人気を博しました。
そして荒川豊蔵を呼び寄せ鎌倉に星岡窯を作りました。

魯山人が有名になる前に金沢で細野燕台の食客となり、
連れられていった山代温泉で初代須田菁華に
初めて磁器絵付けを習ったといわれています。

「器は料理の着物」といって焼物を愛した魯山人は
食器を料理に欠かせないものとして一つ上のステージに上げた功労者であります。
   
掘り出し物の丸皿10選 ⑤_e0018428_15394463.jpg
前置きが長くなりましたが、鉄釉で蟹を描いた織部の皿です。
ほぼほぼ蟹の絵で緑の織部釉はほんの少しですがお皿を引き締めています。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com TEL076-263-7331


# by moroeya | 2020-04-27 11:13  

掘り出し物の丸皿10選 ④

一応掘り出し物なので、洒落てリーズナブルな丸いお皿を
10個選びたいと思います。
掘り出し物の丸皿10選 ④_e0018428_15394515.jpg











掘り出し物の丸皿10選④は高台皿 赤巻さざ波です。

有田焼のお皿ですね。渕は赤巻に塗ってあり、針彫りで花を描いています。
注目は見込みの染付の線です。ただ青い線を描いているだけではなく、
器地から掘り込んでありその上から染付で描いています。

高台になっているので食卓に並べると浮き出して
お刺身などの食べ物が立体的に映えて見えると思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com TEL076-263-7331



# by moroeya | 2020-04-26 11:11  

掘り出し物の丸皿10選 ③

昨日、地下の九谷焼ではないので、普段日の当たらない商品を
この機会に掘り出して10個紹介しようと思っていましたが、
写真や文章に時間がかかり2個しか紹介できませんでした。

気を取り直して、今日は③からはじめたいと思います。

掘り出し物の丸皿10選 ③_e0018428_15394690.jpg

丸皿 灰釉削(そ)ぎです。

ざくっとした粗土に薄い緑色の灰釉を掛けてあります。

灰釉というのは木や藁(わら)などを焼いた灰が燃焼中に高熱により溶け、

器にホント偶然に着いて出来た自然釉です。

器地はヘラで削ぐようにけずって段々になっています。

土味のするお皿です。


大きさも程よくシンプルに使いやすい皿だと思います。


金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メール kutani@moroeya.com    TEL076-263-7331

# by moroeya | 2020-04-26 10:06  

掘り出し物の丸皿10選 ②

掘り出し物の丸皿10選 ②
掘り出し物の丸皿10選 ②_e0018428_15394535.jpg












銘々皿 青磁双魚です。

中国の宋時代に磁器といわれる硬質の焼物が初めて焼かれました。
それが青瓷です。
(瓷=この字が磁器を表す本当の字ですが、
日本では当用漢字にこの瓷の字が無かった為、磁石の磁の字を当てて使っています)

この皿も宋時代の青瓷の写しものです。
厚掛けの釉薬の中に釉薬の掛からない魚が二匹いて可愛いです。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メールkutani@moroeya.com TEL076-263-7331




# by moroeya | 2020-04-25 16:36  

掘り出し物の丸皿10選

店が臨時休業の為
当店の地下(九谷焼以外の焼物を販売しています)
どうしても現在は九谷焼がメインとなっていますが、
創業当時はいわゆる「青物」と呼ばれている有田焼や瀬戸の
白ぽい器や青っぽい器を扱っていました。

そこで掘り出し物の丸皿10選と名づけて紹介したいと思います。

まず一番目は銘々皿織部鎬(しのぎ)です。
織部は結構好きです。
独特の緑が美しいのです。
おいしい食材は赤ぽっいものが多いですから
のせると合います。

鎬(しのぎ)といわれる彫りこんだしま模様は
彫が深いので扱いにくいように思いますが、
使うとあまり気にならないと思います。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com
メールkutani@moroeya.com TEL076-263-7331
掘り出し物の丸皿10選_e0018428_15394620.jpg

# by moroeya | 2020-04-25 15:57  

連休のお知らせ

連休のお知らせ
休業要請を受けて当店は4月20日(月)~5月6
日(水)まで連休させて頂きます。
又のご来店を心からお待ちしております。
尚留守番はいますので御用の方は電話してください。
TEL076-263-7331

# by moroeya | 2020-04-24 10:17  

連休のお知らせ

連休のお知らせ
誠に勝手ですが、当店は4月14日(火)、4月15日(水)と連休させて頂きます。

又のご来店を心からお待ちしております。


# by moroeya | 2020-04-13 11:32  

連休のお知らせ

いつもありがとうございます。
誠に勝手ですが、当店は4月7日(火)、4月8日(水)と連休させて頂きます。

又のご来店を心からお待ちしております。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com

# by moroeya | 2020-04-06 18:17  

連休のお知らせ

誠に勝手ですが、当店は3月31日、4月1日と連休させて頂きます。

又のご来店を心からお待ちしております。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com

# by moroeya | 2020-03-31 09:20  

連休のお知らせ

誠に勝手ですが、当店は3月4日、5日と連休させて頂きます。

又のご来店を心からお待ちしております。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com


# by moroeya | 2020-03-04 06:20  

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
明けましておめでとうございます_e0018428_09504067.jpg

# by moroeya | 2020-01-01 09:51  

佐藤亮先生の作陶展を開催いたします















明日10月11日(金)~20日(日)まで

当店2階のギャラリー片町で佐藤亮先生の作陶展を開催いたします。

佐藤先生は鳥がさえずり、風の音が聞こえるような
不思議な作品を作られます。
今回は先生が実は琳派がお好きだということで
佐藤亮の琳派作品を作っていただきました。
是非ご覧頂ければ幸いです。


# by moroeya | 2019-10-10 16:24  

ゴールデンウィークは戸出克彦の展示会を開催いたします

ゴールデンウィークは戸出克彦の展示会を開催いたします_e0018428_18094274.jpg
ゴールデンウィークは戸出克彦の展示会を開催いたします。

今年は史上初の10連休です。
平成から令和に変わる節目の瞬間でもあります。

当店では戸出克彦先生にお願いして2階のギャラリー片町で
金沢九谷 三代 戸出克彦 作陶展を開催いたします。

戸出克彦先生はユニークな形の銀彩の花瓶や
色絵の食器など幅広く作陶をされています。

4月27日(土)~5月6日(月)9時~19時
もちろん休まず営業をいたしますので是非ご来店ください。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com




# by moroeya | 2019-04-21 18:20 | 金沢  

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます_e0018428_15155771.jpg

明けましておめでとうございます。
初売りは1月2日午前9時より行います。
1月3日~5日までは午前10時より午後6時までの
営業とさせて頂きます。
1月6日より通常の午前9時~午後7時までの営業にもどります。

今年も宜しくお願いいたします。

金沢市片町1-3-22 九谷焼諸江屋 http://www.moroeya.com



# by moroeya | 2019-01-01 15:18  

年末年始の営業時間のお知らせです

年末年始の営業時間のお知らせです。 
年末は12月31日午後4時頃迄。年始は1月2日9時より初売りをいたします。
1月3日より1月5日迄午前10時より午後6時までの営業いたします。
1月6日から通常の午前9時から午後7時までの営業になります。


# by moroeya | 2018-12-26 20:27